即日お金を借りる方法!土日祝日でも今すぐ借りられる!?

即日お金を借りる方法

冠婚葬祭や出張など、「予定外の出費に困った」という経験はありませんか?

そんな時でも即日お金を借りる方法もありますので、困ったという時は利用してみるとよいかもしれません。

では、即日融資を受けるには、どこに行けばよいのでしょうか。

また、審査を受けるために必要な物はあるのでしょうか。

最近では、インターネットで簡単に申し込みができるケースや、金融機関が休みの土曜日や日曜日でも借りることができる方法もありますのでご紹介します。

即日お金を借りたい!そういう時はどこに行けば良いの?

「今日、お金借りたい」という場合には、カードローンやキャッシングが一般的です。

カードローンとキャッシングの主な違いとしては、金利や返済方法です。

キャッシングは、クレジットカードなどにも付帯していることがありますのでカードローンに比べて馴染みのある人も多いかもしれません。

返済方法は、一般的にクレジットカードの返済方法と似ています。

返済の方法は、一括や分割払いまたは、リボ払いなどを選択できます。

一方、カードローンは月々定額を返済できます。

また、一般的にカードローンよりもキャッシングの方が金利が高いケースが多いようです。

「今日、お金を借りたい」という場合は、クレジットカードのキャッシング機能を使用してコンビニATMなどで即日融資を受けることもできます。

しかし、返済方法に無理がなく金利が低めのカードローンを利用する人も多いようです。

カードローンには、主に銀行系と消費者金融系があります。

銀行系はなんとなく安心感はありますが、実際にローンカードを作って使用するまでに日数がかかることが一般的です。

それに比べて、消費者金融系のローンカードは即日融資が可能な会社があります。

また、決められた期間中に返済をすれば、金利が無料というキャンペーンを行っている会社もあるので人気があるようです。

そういったキャンペーンを行っている会社として例えば、アコムやプロミスなどがあります。

即日融資を受けたい場合は、店舗に設置している無人機で申し込みが可能ですし、パソコンやスマホで来店不要の申し込みも可能です。

いずれも、審査にかかる時間は30分程度で1時間ほどで融資が可能と言われています。

審査内容は?必要なものは?

初めて融資を受ける場合は、借り入れの審査もあることから不安になる人も多いようです。

会社によって違いはありますが即日融資に行われている一般的な審査の内容や流れについてご紹介します。

即日融資を受けるためには、主にインターネットや電話、店舗窓口、無人機などがあります。

審査に必要な個人情報を記載した後、審査が行われます。

申込者が記載した申込内容の情報と申込者の信用情報を照合して返済事故や遅滞、滞納などが無いかを専用のコンピューターを利用して審査を行います。

また、過去にカードローンやキャッシングの借り入れがなく滞納もない場合であっても、クレジットカードの滞納や携帯電話の料金などの滞納などがあれば返済事故とみなされます。

また、その場合は携帯電話の端末の分割払いは借金とみなされるので注意が必要です。

審査の内容としては、個人の年収や、住宅情報、勤務先の属性以外にも、返済事故などの信用情報を調べますので普段から、返済事故がないようにしておくことが大切です。

また、このような信用情報は、その会社が加盟している信用情報機関を通じてチェックし、申込者の年収や他社からの借り入れなどに問題がなければ仮審査は通過したことになります。

また、メールや電話などで、申込者が本人である事の確認をします。

即日融資を受ける場合に必要なものとして、本人確認書類が必要となります。

本人確認書類とは主に、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなどです。

このような、書類は融資を申し込んだ本人であるということを確認する為に重要ですので、必ず用意をする必要があります。

一般的に本人確認書類は、いずれか一つ用意をすれば問題ありません。

また、外国人に関しては、在留カードでも確認ができるケースが多いです。

ただし、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、現住所を確認できる公共料金や社会保険などの領収書、納税証明書などの提出をしなければならないケースが考えられますので、準備をしておくと安心です。

なお、一般的に半年以前に発行された公共料金などの証明書は本人確認書類として無効となる場合がありますので注意が必要です。

また、申し込みによっては、収入証明書が必要なケースもありますので、事前に確認しておいた方がスムーズに融資が受けられるでしょう。

本人確認書類などの必要な書類を提出してから、本審査が行われているのが一般的です。

また、最後に在籍確認といって、会社に在籍をしているかどうかを確認する事もあるようです。

在籍確認に関しては、基本的に「金融会社の名前」や「電話をかけた目的」などは言わないことが一般的ですので、会社に融資の申し込みをしていることがバレる心配はありませんので安心して良いといえるでしょう。

土日祝日に即日お金を借りたい!可能なの?

土日や休日のように金融機関が休業している日であっても、「今日、お金借りたい」という人の中には、振り込みが出来るのか不安に思う人もいるようです。

しかし、金融機関が休業している日でも、振り込みの対応ができる会社もありますので安心です。

休日にお金が足りなくて困ってしまったという経験がある人は知っておくと便利です。

まず、基本的に地方銀行などの一般的な銀行のカードローンで土日に申し込めるというところはほとんどありません。

それに対して、大手の消費者金融では土日や休日に関係なく融資ができるところもあります。

例えば、アコムやプロミスでは、土日の融資はもちろんですが、24時間融資も可能なケースがありますので、とても便利です。

ただし、24時間融資を受けるには、ネット銀行の口座が必要なケースがあります。

ネット銀行の口座を持っていない場合でも、ネットで申し込みを済ませてから最寄りの無人契約機のATMで融資が可能です。

また、アイフルでは、「無人契約電話BOX手間いらず」というシステムもあり、電話で話すだけでその場でカードの発行ができますので、ATMの画面の操作が苦手という人でも安心して利用することができます。

しかし、一般的に大手消費者金融の自動契約機の営業時間は決まっていますので確認が必要です。

確実にその日のうちに借りる為には、出来れば午前中にインターネットやスマホから申し込みを済ませておき、審査に通ったら自動契約機でカードを発行して融資を受けると良いでしょう。

また、審査に落ちてしまったという場合は、他の消費者金融でも申し込むことが可能ですので、同時に複数の消費者金融に申し込みをすると良いかもしれません。

そのためにも、土日に即日融資を受けたいと思うなら早めの申し込みが安心です。

また、消費者金融以外で土日でも即日融資が可能な方法としては、銀行系のキャッシュカードとクレジットカードが一体化しているカードを持っておくと、融資が受けられることがあります。

方法としては、最寄りの銀行ATMにて操作をするだけでその場でお金を借りことができますので便利です。

また、銀行が提携をしていればコンビニのATMでも融資が可能となります。

金利も基本的に消費者金融より低めな場合が多いのですが、銀行系のカードは申し込みからカードが届くまでの日数が必要な点と、審査が比較的厳しいです。

審査に自信があるという人は事前に申し込んで持っておくと、いざという時に即日融資が受けられますのでとても便利です。

即日融資が難しい人とは?

「今日、お金借りたい」と思っていても、即日融資が難しいという人もいます。

例えば、無職で収入のない人や、返済事故などにより「ブラックリスト」になっている人などは、一般的に難しいといえるでしょう。

同じ無職でも、主婦や学生は可能なケースもあります。

また、正社員でなくても、フリーターなどでも可能なケースが多いですので、即日お金借りたい場合は何らかの収入があることは大前提となります。

申し込みの書類に職業欄がありますので、きちんと書く必要があります。

万が一虚偽の記載をしてもすぐに不正が分かりますので、融資は難しいでしょう。

無職でもお金借りたいという人に対して銀行や消費者金融による融資が難しい理由は、返済できる保証がないという事が挙げられます。

しかし、土日や祝日に関わらず急な出費は、誰にでも起こる可能性があります。

「今日にでもお金借りたい」という状況が、起こらないとは限りませんので、融資を受けるためには、普段から返済事故を起こさないようにして、職に就いて収入を得ることが出来るようにしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です