お金を借りるときの審査基準!審査に通らない人の特徴は?

お金を借りるときの審査基準

キャッシングやカードローンの審査はどのようなところを判断されるのかとても不安です。

しかし、しっかりとした収入や健全な財務状況であれば審査は厳しくありません。

この記事では、消費者金融や銀行でお金を借りる際の審査についてまとめていますので参考にしてみてください。

借りたいレッド
事前に審査基準を把握しておけばスムーズに通りやすくなるので必見だ!

お金を借りるのに審査が必要な理由とは?

お金を貸すには一定の基準が必要~金銭を貸しても大丈夫かの見極め~

親や兄弟、親しい友人から借財する時は審査なんてありません。

これは、親や友人があなたのことをよく知っているからです、つまりある程度の信用があるということです。

ですが、赤の他人にいきなり金銭を借りようとしてもまず断られます。

これは知らない人なのでその人の素性がよくわからないからです。つまり、信用がないのです。

金融業者のお客様は「まるで知らない人」つまり赤の他人

金銭を借りるために申し込んできた人がどのような人かを判定する必要があります。それが審査です。

お金を借りるときに金融業者が定めている「この人ならお金を貸しても大丈夫」というラインをクリアしていないと、金額を借りるどころかお金を貸してもらうことさえできません。

お金を貸す基準というのは融資を申し込んできた人に対して、どのくらいのお金を貸すことができるのかを判断するために必要になってくるのです。

審査通らない人に多いのが、各金融業者が設定している「金銭を貸しても大丈夫」というラインをクリアできないからです。

そこで、審査通すために欠かせないことは今のあなたの財務状況をしっかりと把握しておくことが必要になってきます。

お金を借りるときの審査基準

審査通らないかもしれない、もしも、そんなときはどうしよう。とても心配になるものです。

審査はとても不安ですよね。まるで自分自身の存在価値を査定されている感じさえします。

しかし、お金を借りるときに必ず行わなければならないのが審査です。では、審査ではどんなところを判断されるのでしょうか?

安定した収入はあるか?

金銭を借りるためには貸しても大丈夫なのかという審査基準をクリアしなければなりません。

そこで、審査通る方法として大切なことは安定した収入があるかどうかです。

金融業者が審査するポイントは申し込んできた人にどのくらいの収入があるのかを見ます。

収入が多いということはそれだけ返済する能力が高いと判断されるためです。

総量規制という法律によって年収の3割までしか貸すことができなくなったため、年収が多ければ多いほど希望する金額を借りることができます。

審査通る方法として、申込の時に限度額いっぱいまで申し込まずに、最初は10万円にしておくのもひとつの方法です。

勤続年数は安定度の目安 勤務先の情報や勤務の実態について

安定した収入をみるポイントとして、ある程度の期間、同じ会社で働いているかで判断します。

そのための目安として判断されるのが勤務している企業の情報や勤務実態です。

長く同じ会社で働いているということは、それだけ、その人が安定して収入を得ることができていると判断できます。

新社会人やアルバイトが融資の審査に通りにくいか?というのはこの点にあります。

お金借りるための審査通る方法として、数年間程度は同じ会社に所属していたほうが印象は良くなります。

家族所有or自己所有 家族構成や個人情報も大切

借主の住まいが借家か家族所有によって変わります。

家族所有ならば家賃が発生しないのでそれだけ金銭的にも余裕があると判断されます。

つまり、支出が多くなればなるほど審査をする側としてはマイナスになってしまいます。

他の金融業者とトラブルはないか?信用情報に傷があると大きなマイナス

他の金融業者からの借り入れがないかを調べることで、その人の財務状況が「どんな状態になっているのか?」を判断することができます。

もしも、他の会社からの借入が多い場合はお金を貸す側にとって不利です。

審査通らない人の多くが以上のどれかの基準をクリアできていないためなのです。

審査に通らない人の特徴

カードローンやキャッシングをするときに必要になるのが審査です。

それでは審査通らない人の特徴についてまとめてみました。

希望する利用限度額が高めになっていないか?総量規制対策

融資を申し込む人に多いのが借入希望額を多めに設定していることがあります。

審査通る方法として、申し込み時の希望する融資金額を低めにするのも一つの方法です。

申し込む時に融資の金額を低くすることが必要です。

その理由は、年収の3割以下の貸し出しが決まっているからです。もちろん他社の借り入れも含みます。

遅延・滞納などの金融事故はあなたの信用情報を傷つけている?

お金を貸すときに一番リスクが高いのが金融トラブルを起こしている顧客の場合です。

支払いの遅滞になっていると信用情報機関に金融事故として登録されます。

こうなってしまうと、どこの金融業者に融資を申込んでも審査に通ることは難しいので気を付けましょう。

他の金融機関からの借入総額が100万円を超えている

他の金融機関からの借入がトータルで100万円を超えている場合は審査に通ることはありません。

借り入れをするときは、今現在すべての借り入れがどれくらいなのかを把握しておきましょう。

2社以上のローンに同時申込みしている

申し込みをするだけでも信用情報センターに履歴が残ってしまいます。

申し込み履歴が残っていて、利用したという情報がない場合は「審査通らなかったのではないのか?」という判断をされてしまいます。

審査通る方法として、いろいろな場所で申し込みをせずに審査の通りやすい場所で申し込むか、ある程度の期間をおいて再度申し込みをするなどの工夫が必要です。

申込む時の個人情報は正確に!

お金借りるときに申し込みをしてきた人の個人情報に誤りがある場合、お金を貸す側のリスクが高くなってしまいます。

もちろん、虚偽の情報は論外ですが住所や氏名、生年月日、勤務先の情報、年収、他社からの借り入れなどは正確に記載する必要があります。

審査に通るためにやるべきこと

カードローンやキャッシングを申し込むときには審査を通過したいものです。

そこで審査に通りやすくするための対策についてまとめてみました。

過去に金銭トラブルがなかったか信用情報センターで確認を!

審査通る方法としてやっておきたいことは「今まで支払いの遅滞や滞納がなかったか?」を調べておく必要があります。

よくあるのが電話料金の未払いやレンタルビデオなどの未返却です。

これだけであなたの信用情報に傷がついてしまう場合があります。

もしも、記憶があいまいな場合は信用情報を取り扱う機関にあなたの信用情報を取り寄せて確認してみてはいかがでしょうか?

信用情報は1,000円で取り寄せすることができますので一度は確認してみることをお勧めします。

借り入れる金融機関によって審査は違う 銀行系or信販系or消費者金融系?

審査の基準というのは金融機関によって違ってきます。

主に銀行系と信販系・消費者金融系では審査基準に違いがあります。

銀行系のカードローンやキャッシングは審査基準が高めですが貸出限度額が高め。

信販系や消費者金融系では、審査基準がある程度緩やかになっています。

しかし、貸出限度額が低めに設定されている場合が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カードローン、キャッシングなどの融資を希望するには保証会社の審査を受けなければなりません。

審査を通すためには、ご自分の財務状況、信用状況が健全な状態になっているかどうかの確認が必要です。

これらの状況が健全であればそれほど心配しなくてもスムーズに審査を受けることができますので、日ごろの行いからキチンとしてみましょう。