ブラックリストでもお金を借りる方法!借りれる消費者金融・銀行は存在する!?

ブラックリストでもお金を借りる方法

消費者金融などでお金を借りた際にその返済の滞納が続くと、ブラックリストに記録され、記録された方は今後他社での借り入れができなくなります。

ブラックリストとはいったいどのようなもので、なぜブラックリスト入りすると借り入れができなくなるのでしょうか。

ブラックリストとは?

消費者金融などでお金を借りる時、消費者金融会社などのお金を貸す会社と利用者は契約を行います。

その際に利用者は個人情報を伝えて、社会的に信用できるものであるか、お金を貸してもしっかりと期日通りに返済できるのか、という審査を会社側にされます。

その審査が通過すれば契約成立となり、お金の借り入れが可能になるのです。

しかし、約束していた返済の滞納が続くと、金融会社も信用ができなくなり、やがて利用者の借り入れを中止して返済だけ受け付ける、という状態になります。

それでも「お金借りたい」と利用者が思っている場合、利用者が考えることは、今契約中の会社で借り入れができないのなら、他の会社と契約すればいいという方法です。

しかし一つの会社で借り入れの滞納が続いていると、他の会社でも借り入れが断られ、お金借りたいと思ってもどこの会社からも借り入れができないパターンに陥ることがあります。

その状態が「ブラックリストにのる」という状態なのです。

利用者が行っている借り入れや返済に関することは「個人信用情報」としてすべての履歴が記録されます。

この記録を見れば利用者がいつ、どこで何時に何円借り入れをして何円を返済したか、そしてどれくらいの期間、滞納をしていくらの利息や延滞料がかかったか、ということが分かる仕組みになっています。

そして、この個人信用情報は一つの金融会社だけが保存するのではなく、他の消費者金融会社、クレジットカード会社など融資に関する会社すべてが共有できることになっています。

よって金融会社は最初に契約をする際に、教えてもらった個人情報を個人信用情報と照らしわせることから審査を始めます。

その個人信用情報を見て「この方は履歴が何もないから借り入れは初めてだ」、あるいは「過去に他の会社を利用して滞納の履歴がある」と、契約をしてもいいかどうかを判断します。

当然ながら、他の会社での借り入れが完済できず滞納が続いている方は返済能力がないと判断され、審査が通過できない結果となるのです。

そしてこのように過去の履歴から借り入れが一切できなくなる状態を「ブラックリストにのる」、「ブラックリスト入り」というのです。

そのため厳密にはブラックリストというもの自体は存在せず、金融会社が契約する・しないの基準の線引きの資料が、個人信用情報の過去の履歴なのです。

よって、ブラックリスト入りの条件は、過去の借り入れの返済で滞納、踏み倒しなどがあった場合、また未だに他の会社で返済中で完済の目処が立っていない、あるいは過去に金融に関するトラブルがあったなどが挙げられます。

ブラックリストかどうか調べる方法は?

返済中の金融会社が限度額いっぱいとなり、それでもお金借りたいがために他社と契約しようとする時、先述したように自分がブラックリスト入りしている可能性があったら他社を利用したくても審査は通りません。

では自分がブラックリスト入りしているのかどうか、自分で判断するにはどうしたらいいのでしょうか。

一般的にブラックリスト入りする基準は、返済の滞納や踏み倒し、自己破産などの債務整理、あるいは携帯電話の料金の未払い、滞納などがあります。

しかし滞納といっても、1〜2日滞納したら即ブラックリスト入りで借り入れ中止、というわけではありません。

その場合は返済日を忘れていたなどの範疇であり、ブラックリスト入りの材料にはなりません。

滞納の場合、ブラックリスト入りする条件は、一般的には「返済の滞納から3カ月以上経過した場合」になります。この条件を満たすとブラックリスト入りは確実といわれています。

では、自分がブラックリスト入りしているか、つまりブラックリスト入りの材料となるような履歴はあるのか、また過去に長い滞納があった場合、それは具体的に何年前の記録なのか、そのような自分の履歴を自分で調べるにはどうしたらいいのでしょうか。

自分で調べる方法は、そのブラックリスト入りの材料となる過去の履歴を信用情報機関から取り寄せることです。

金融機関の利用における過去の履歴は、3つの機関によって記録されています。

その3つの機関とは全国銀行個人信用情報センター(通称KSC)、株式会社シーアイシー(通称CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3つです。

これらの機関が、過去の金融会社の利用者のすべての履歴を記録し、また共有しています。

そして各信用情報機関は、履歴を請求された場合、履歴の本人に情報を開示しなければいけない、という決まりがあります。

履歴情報開示の請求方法は、各信用情報機関の窓口で、郵送で必要書類を送る、インターネットで申し込むなどの方法があります。

情報を開示してもらったら、その履歴を見てブラックリスト入りしているか、つまりブラックリスト扱いされるような履歴があるかどうかについて確認することができます。

またそれぞれ利用した金融会社に連絡をすれば、履歴の開示はしてもらえますが、それは当然のことながらその会社一社のみです。

過去の複数の会社からの履歴を一括で知りたい場合は、信用情報機関に申し込んだほうがいいでしょう。

実際にブラックリストでもお金が借りられるところは存在する?

お金借りたい、しかし自分はブラックリスト入りしているのでお金が借りられない、という状況になっても、完全に借り入れができないわけではありません。

過去の履歴は一生残るものではなく、個人信用情報として記録された履歴は5〜10年経過すれば消去されることになっています。

そのためブラックリスト入りしても何年か経過すれば、過去の滞納の記録などはきれいになくなり、また借り入れをスムーズに行うことが可能になります。

しかし過去の履歴が消去されるのは、信用情報機関によって異なり早くて5年、長くて10年かかります。

履歴が消去されてない状態でまたお金借りたいと思った場合は、どうすればいいのでしょうか。

それは大手の有名な消費者金融会社ではなく、中小の消費者金融会社を利用することです。

中小の会社は中堅であるため、新規の利用者を少しでも多く欲しがっている状態です。

そのため大手の会社よりも多少は審査の基準がゆるくなっているところもあるので、ブラックでも借り入れができる可能性があるのです。

しかし注意する点は、中小の会社は、利用者の過去の履歴はともかく、今現在の経済状況はどうなっているのかを知りたい、という点です。

過去の失敗はどうでもいいから、今は毎月しっかりと返済できる能力が備わっているのかという点を重要視するのです。

そのため、契約時には直近の収入証明書の提出を求める会社も多いので、契約の際はしっかりと事前に必要書類を揃えることが重要です。

今現在、定期的な収入があって返済能力があると信用してもらえるために身分証明書だけでなく、収入証明になる書類も用意しましょう。

またブラックも何も審査の対象とならない闇金から借り入れをする方法もありますが、闇金は貸金業法を無視した違法の会社です。

一度利用すれば膨大な利息を返済しなければいけないので、闇金の利用は絶対にやめましょう。