今すぐ10万円借りたい人必見!10万円借りるオススメの方法!

今すぐ10万円借りたいけど、どうしたらいいかわからない・・・。

先に結論を言うと、10万円を借りたい場合には、銀行カードローンよりも消費者金融の方がおすすめです。

消費者金融なら即日借入も可能なので、急にお金が必要になった時に役に立ちます。

ここでは、10万円借りるオススメの方法について詳しく説明していきます。

▼無職でお金借りたい人はコチラ▼無職

10万円借りるなら銀行カードローンより消費者金融がおすすめ

前述しましたが、10万円借りるなら消費者金融がおすすめです。

消費者金融と聞くと高金利など良くないイメージを持つ人もいますが、今では手軽にお金が借りられる金融機関として人気があります。

銀行カードローンの方が安心して利用できるという人も多いですが、銀行からお金を借りるのは大変です。

特に初めて銀行のカードローンを利用する場合は、必要な書類を用意するのに手間取ったり審査に時間が掛かるので、すぐにお金を借りられない可能性があります。

消費者金融も審査や手続きがありますが、その場で融資を受けられる自動契約機が利用できます。

10万円なら返済も簡単

銀行よりも消費者金融の金利の方が高いことがほとんどですが、短期間で10万円借りるなら返済額にそれほど差は生じません。

そのため、急にお金が必要になった時の対策などには、消費者金融がおすすめです。

消費者金融を初めて利用する人は、30日間無利息など金利も優遇されるので、気軽に借りられるようになっています。

銀行の子会社の消費者金融もありますから、利用方法を理解して計画的にお金を借りれば、特に問題は起こりません。

多額の借入れをするのなら、金利を重視して銀行の利用を検討するのもアリですが、10万円などの少額融資ならば手軽に利用できる消費者金融の方がおすすめです。

消費者金融なら即日10万円借りれる場合も

消費者金融なら、即日借入も可能となっています。
業者のWEBサイト上などから申し込みをすれば、審査が最短30分、融資まで最短1時間です。

銀行とは違って、土日・祝日でも即日借入れが可能なので、急にお金が必要になった時に頼りになります。

高額の借入を希望する場合は、審査に時間が掛かることもありますが、10万円借りるなら審査の時間も短いことがほとんどです。

カードが必要な場合は、カードと契約書類が郵送されて来るまで待たなくてはなりませんが、来店して契約すればすぐにカードが発行されてお金が借りられます。

このように即日借入を希望するのなら、申し込み条件を満たしていることを確認し、正確な情報を入力して申し込むことが重要です。

条件を満たしていなければ利用することもできませんし、間違った情報を入力してしまうと審査で落ちてしまいます。

会員になっておけばすぐにお金が借りられる

既に登録を済ませて消費者金融の会員となっている場合は、会員サイトにログインして手続きをすれば1分も待たずに、指定の口座に振り込んでもらえる消費者金融もたくさんあります。

急にお金が必要になる可能性がある場合は、事前に消費者金融の会員になっておいた方が余裕を持ってお金が借りられます。

10万円以内だと審査に通りやすい

消費者金融の一般的な申し込み条件は、年齢が20歳~60代までで、安定した収入があることです。

正社員として働いていない主婦や学生でも、アルバイトやパートをして安定した収入があれば審査を受けてお金を借りることができます。

ただし、借りることができる金額は、収入とのバランスを考えて決定されることに注意しなくてはなりません。

仮に毎月の収入が10万円で、100万円を借りたいと希望しても、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

そのため、審査に通ることを優先するのなら、10万円以内の借入を希望するのが賢明です。

10万円なら月収10万円以上あれば1か月で返済することも可能なので、リスクは低いと判断する金融機関がほとんどだからです。

さらに借入金額を減らして5万円以下とすれば、アルバイトやパートで働いている人でも、簡単に審査を通ることができます。

無暗に大金を借りたいと思わずに、収入に見合った金額を借りることが大切です。

少額のお金を借りて期日を守って返済すれば、信頼度も高まり融資可能額も増やすことができます。

初めて消費者金融を利用する人は、まず10万円以内を希望して審査を通り、確実に返済することを目指す方がおすすめです。

10万円借りる場合の返済額はいくらぐらい?

消費者金融に限らず、金融機関からお金を借りる時は事前に返済額を確かめておかなくてはなりません。

具体的な返済額が分からないと、思った以上に完済するのに時間が掛かってしまうこともあります。

まず理解しておきたいのが、返済額は金利と返済回数によって変わって来ることです。

金利が高いと返済額も多くなることを知っている人は多いですが、良く考えずに返済回数を決めてしまう人が少なくありません。

消費者金融で10万円借りて1ヶ月で完済すれば返済額は10万2千円以下ですが、1年で返済する場合は返済総額が11万円以上となるのが一般的です。

さらに返済回数を増やすと、2年で返済額が12万円、3年で返済額が12万5千円と増えて行きます。

同じ金額を借りたのに、返済回数によって返済額には大きな違いがあります。

返済を楽にするためには、借入金額と金利だけに注目するのではなく、返済が完了する期間についても気を付けなくてはなりません。

初めての借入は少額からがオススメ!

初めての借入は、10万円以下の少額がおすすめの理由は、審査を通りやすくするだけではありません。

正社員として毎月高額の収入を得ている人は、最初から多額の借入も可能ですが、簡単にお金を借りられる金融機関は金利も高いので要注意です。

そのため、多額のお金を借りたい人でも、最初は金利の低い消費者金融で少額の利用をして、少しずつ借入利用額を増やして行った方が、有利にお金を借りることができます。

いきなり多額の借り入れはリスク大

それに、初めての借入で多額のお金を手にすると金銭感覚がズレでしまって、無駄にお金を使って再び向無計画にお金を借入れるという悪循環に陥ります。

そうなると返済するのが難しくなって、大きなトラブルへと発展してしまいます。

多額のお金を借りたい人も、最初は少額から借りるようにするがおすすめです。

まとめ

10万円以下の金額を借りるなら、煩雑な手続きが必要となる銀行よりも、審査も簡単な消費者金融を利用した方が便利です。

消費者金融は利用者のためのサービスを充実させて、誰でも使いやすい金融機関となっています。

▼おすすめの消費者金融はこれ!▼

消費者金融おすすめランキング