お金借りたいけど借りれない人必見!審査に通りやすい中小消費者金融おすすめランキング!

審査に通りやすい中小消費者金融おすすめランキング
  • カードローンやキャッシングをいくら申し込んでも審査に通らない・・。
  • お金借りたいけど借りれない・・。

とお嘆きのあなた!

実は自分で気づいていないことが原因で融資が受けられないのかも。

今回は、少しでも融資が受けられるようになる情報やおすすめの中小消費者金融をランキング形式でご紹介して行きたいと思います。

借りたいピンク
危機的状況になる前に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金借りたいけど借りれない人の特徴~審査に通らない原因とは!?~

お金借りたいけど借りれない人の特徴

カードローンやキャッシングで行われる『審査』。まずこれに通らなければ、基本融資は受けられません。

では、この『審査』に落ちてしまう理由って一体何なのでしょうか。

その原因となりそうなものをいくつかご紹介していきましょう。

あなたはこれらの項目に心当たりはないですか?

信用情報にキズがある

お金を貸し付ける際、金融会社側は『審査』を行います。

これは本人の「申し込み情報」と「信用情報」の確認を行う作業です。

中でも信用情報は、申込者の信用力を判断するもの。

この信用情報とは、各情報機関が保有しているもので、個人を特定する情報(氏名・生年月日・住所・勤務先等)や個人の属性情報(過去の契約内容・返済状況・支払い状況・利用残高等)が登録されているのだそう。

例えば、過去のローン契約などで支払いを遅延してしまったなど、延滞歴のような信用情報にマイナスなものがある場合、信用力が低いと見なされ、なかなか審査が通りにくくなってしまうようです。

無収入または収入が不安定

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングの申し込み条件に、必ずあるのが「安定した収入」という項目。

お金を貸すということは、きちんと返してもらうことが前提条件となるのは当然のことですよね。

だから、金融機関は収入の安定性で返済能力の有無を判断している場合が多いよう。

そうなると就職して間もない人、日雇いやアルバイト勤務の人などは一般的に収入が不安定とみられてしまうことも。

また無職の人はそもそも収入がないので、返済能力がないと判断され審査に通らないなんてことになります。

他社の利用件数が多い(申し込みブラック)

申し込みブラックって聞いたことがありますか?

これは、クレジットやローンなど融資の申し込みを同一時期に複数行なっている状態を言います。

ちなみに同一時期とは、大体約直近3ヶ月~1年の期間を指すよう。

どこか1つ審査に通ればいいと色々な融資に申し込んだ情報は各金融機関で共有されているのです。

融資元に本人がどこでお金が借りたいのか?また計画性がないという印象を与えてしまっているパターンですね。

借入希望額が大きすぎる

ローンなどでは、融資してもらいたい借入の希望額を申し込む際に伝えます。

しかしこの借入希望額があなたの年収を上回っていたり、法律で決められた制限(年収の1/3以上)を超えた金額を希望している場合などは、本当に借り入れた金額を返済することが出来るのかを疑われてしまいます。

また借入の計画が乏しいと見られてしまう可能性も。

これも審査がパスできない一つの要因となっているようです。

申込内容に虚偽がある

金融機関は、ローンやキャッシングで申し込まれた内容と個人信用情報機関に登録されている内容を照合します。

つまり審査を有利にしようと虚偽の内容を書いたとしても照合で相違が出てきてしまうというわけ。

そもそもお金の借入は、信用取引とも言われ、期日までに支払いをするという約束のもと行われるもの。

だから「信用」はとても重要なキーワードなんです。

融資元は嘘をつく人を信用してくれません。

審査に通りやすい中小消費者金融おすすめランキング!

では、ここで審査が大手より柔軟な対応だと言われている中小消費者金融機関をおすすめランキングでご紹介!

  • 確認できなかった内容は「ー」としています。
  • 借り入れを検討する際は、必ず公式サイト等の最新情報を確認するようにして下さい。

第1位 ライフティ

ライフティ
金利 8.0%~20.0%
融資限度額 1,000円~500万円
申し込み インターネット可(24時間、365日対応)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済期間 最長10年
利用できるATM セブン銀行

ライフティは、審査時間が短時間かつ、時間内であれば即日融資も可能と言うスピーディーさが魅力の中小消費者金融。

また融資額も少額からまとまった金額の入用にも対応できる限度額の範囲なので、借入もニーズに合った選択が出来そうです。

また初めて利用する人対象に35日間限定で金利が0になるというサービスもあり。

第2位 セントラル

セントラル
金利 4.80%~18.0% *借入金額で上限範囲の変動あり
融資限度額 ~約300万円
申し込み インターネット可(24時間、365日対応)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済期間 3~4年
利用できるATM 自社ATM、セブン銀行

他のカードローンやキャッシングは初めての利用者に即日融資が難しい場合が多い中、セントラルの融資は、申込者へ振り込み対応もしてくれるので当日融資もOK。

また融資や返済で利用するATMがコンビニATMだけでなく、自社ATMも利用できるなど利便性も高いようです。

第3位 フクホー

フクホー
金利 7.30%~20.0% *借入金額で上限範囲の変動あり、Web申込限定金利あり
融資限度額 ~約200万円
申し込み インターネット可(24時間対応)
返済方式 元利均等返済方式または元金自由返済方式
返済期間 5年
利用できるATM ー(*振り込みキャッシング)

フクホーの特徴は、金利が借入金額に応じて、範囲設定が細くされていること。

10万円未満の借入の金利上限と100万円以上の借入金利上限の差が約5.0%あり、まとまった金額ほどお得に。
もちろん即日融資も対応可。

また同じ金額を返済するという元利均等方式なので、返済金額が初心者にはわかりやすいところも○。

第4位 フタバ

フタバ
金利 14.959%~17.950%
融資限度額 ~約200万円
申し込み インターネット可
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 6年
利用できるATM ー(*振り込みキャッシング)

フタバの融資は、すべて振り込み対応なため、自分が使用している金融機関で融資や返済が行え、利便性が高いのが特徴。

またお金の借り入れが初めてで利息が心配という人向けに、30日間無利息のサービスもあるよう。

第5位 ユーファイナンス

ユーファイナンス
金利 7.3%~15.0%
融資限度額 約100万円~700万円
申し込み インターネット可 *来店審査あり
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 10年
利用できるATM

ユーファイナンスのローン最大の特徴は、単独の融資ではなく、ローン借り換え専門であるということ。

複数の契約ローンを1本化することで月々払いの手間を簡素化し、なおかつ見直すことで金利を安くすることが狙い。

東京店舗のみなうえ、来店審査があるので利用できる人は、地域が限定されてしまいますが、 複数のローン払いを見直したい人にはおすすめ。

審査が通らない理由を知りたい人は信用情報の開示請求をしよう

審査が通らない理由

先ほどご紹介した”審査が通らない原因”に心当たりがないのに、ローンの審査がなかなか通らない!という人は、信用情報の開示請求を行うという方法も。

各金融機関は、個人の信用情報をもとに審査を行なっています。

この信用情報にあなたが審査に通らないカギが隠されているかもしれません!

その必要な情報を確認できるサービスが「開示請求」なのです。

これは、本人の申し込みにより、信用取引での契約内容や支払い状況などの信用情報が確認できる制度。

開示請求の申し込みはスマホ・パソコン、情報機関の窓口、郵送などで行うことができ、手数料は約500円~1,000円ほどで、結果は即日~10日程度で確認できるのだそう。

開示してもらえる情報としては、

  • 個人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号等)
  • 個人取引に関する情報(融資の利用額、残高等)
  • 取引で発生した情報(支払いの遅延状況、債務整理など法的手続きの有無他)

ただし、信用情報が登録されている機関はいくつか存在するため、自分が申し込んだ金融機関が加盟する信用情報機関に申し込むことが必要。

この信用情報機関には、JICC(日本信用情報機構)、CIC(指定信用情報機関)、全国銀行信用情報などがあります。

消費者金融や銀行カードローン以外でお金を借りる方法

消費者金融や銀行カードローン以外でお金を借りる方法

実はお金を工面する方法は、消費者金融や銀行ローンなどだけじゃない!

他にもこんな方法があります。

市役所

地方自治体が貸付を行う制度があるのをご存知ですか?

生活に困窮している人の救済措置として色々な種類の支援制度が設けられています。

例えば

  • 生活福祉資金制度
    →総合支援、福祉支援、教育支援など市区町村社会福祉協議会が運営する貸付制度。生活費や住宅入居時の一時金など補填が必要なお金を支援。
  • 生活保護制度
    →生活困窮の程度により必要な保護を行ってくれる制度。条件にもよるが最低生活費から収入を差し引いたものを保護費として毎月支給
  • ひとり親家庭への貸付制度
    →生活費の負担が大きくなるひとり親家庭へ経済的支援を行う制度。

自治体の貸付は、ある程度支援に必要性があることが条件となりますが、公的な制度なので、相談場所としても安心です。

受けられる支援があるかどうか、まず地方自治体へ相談してみてはいかがでしょうか?

市役所でお金を借りれる!?話題の生活福祉資金制度とは!?

2018.09.18

郵便局(ゆうちょ銀行)

日本郵政グループとして郵便局の中で運営されている銀行がゆうちょ銀行。

国がサポートしている唯一の金融機関です。

郵便局は、全国各地にネットワークがあり、支店も多いので、あなたの近所にもあるのではないでしょうか。

そのゆうちょ銀行では、貯金を担保に貸付を行う制度があるのだそう。

もしあなたがゆうちょ銀行に財形や定期、定額の貯金を持っているのであれば、それを担保に借り入れも可能。

郵便局の貸付制度を利用すれば、貯金を崩さずにお金を工面することが出来るかもしれません。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法!話題のカードローン「したく」とは?

2018.09.13

生活サポート基金

一般社団法人などが貸付のための基金を運営しているものもあります。

例えばこの「生活サポート基金」。

多重債務などで金融機関から必要なお金を借り入れできない人向けに生活再生を目的として低利で資金を貸し付けるサービス。

様々な貸付資金があるようで、生活再生ローンだと金利が12.5%以内と他の金融機関より低いので、生活再建をしたい人にとっては、無理なく返済計画を立てられそうですね。

ただこの基金を運営している会社の拠点が東京都にしかないのだそう。

しかし同じような基金を運営している会社はきっと地域にあるはず。

あなたの地域でそういったサービスがないか検索してみる価値はあると思います。

生活サポート基金でのお金の借り方!口コミで話題の生活再生ローンとは!?

2018.08.16

家族・友達

家族や友人、これこそあなたにとって最も身近で信頼のおける相談先なのではないでしょうか。

しかし身近な存在だからこそ、特に信頼関係が崩れないよう慎重に!

お金の切れ目が縁の切れ目なんて言葉もあるように、お金だけでなく信用を失う代償は、あなたの人生で大きなものになってしまいますから。

もし家族や友人に借り入れを相談する場合も、きちんとした将来の再建や計画性を持って、お願いするようにしましょう。

本当に困った状況の時は、きっと助けになってくれる人がいるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

融資を受けたくても、なかなか金融機関の審査に通らないと悩んでいる人は一度審査に通らない原因を考えてみましょう。

意外と自分で気づいていない原因が見つかるかもしれませんよ。

ただ審査が甘そうと融資先を決めるのは×。違法な貸付業者も世の中にはたくさんありますので、ご用心を。

借り入れが日常化する前に、一人で抱え込まず身近な人や公的機関などにまず相談してみましょう!

客観的に話をしていくうちに、見える解決策も出てくるかも。いろいろな情報を元に家計や生活を見直すきっかけにしてみてくださいね。

消費者金融おすすめランキング!人気のカードローンを徹底比較!

2018.08.09

銀行カードローンおすすめランキング!銀行でお金を借りるならどこがいいか徹底検証!

2018.09.12