審査なしでキャッシングできるカードローンはある!?審査に通りやすくなるポイントとは?

審査無しカードローン

金融機関からお金を借りる際に必ず行われる「審査」。

この審査の結果によって申込者にお金を貸す・貸さないの判断が下されるのですが、そもそも審査自体を行わずにお金を借りる事は可能なのでしょうか?

今回は、審査なしでキャッシングできるカードローンはあるのか?審査に通りやすくするポイント等をまとめてみました。

審査なしでキャッシング可能?なぜ審査が必要なの?

まず、審査なしでキャッシング可能なカードローンはあるのか?結論から言うと、

審査なしでキャッシング可能なカードローンは無いです!

もっと厳密に言うと、審査なしでキャッシング可能な金融機関が無い事もないですが、それは全て「闇金」です。

闇金とは日本貸金業協会に登録していない、非正規の貸金業者の事。

  • 法外な利息を取る
  • 違法な取り立てを行う
  • まともに完済もさせてくれない

等といった一度手を出すと抜けだす事が困難な貸金業者です。

彼らは審査をせずとも「強制的な取り立て」を行う自信があるから、通常正規の金融機関が貸せないと判断した人にでもお金を貸す事が出来るのです。

なぜ審査が必要?

それでは何故キャッシングの際に審査が行われるのでしょうか?

それは、金融機関が貸し倒れのリスクを避けたいから。

の一言に尽きます。

そもそも金融機関は見ず知らずの人にお金を貸す訳ですから、

  • その人の年収がいくら位あるのか
  • 住んでいる所はどんな所なのか
  • 務めている会社はどんな規模なのか

など最低限の情報が無いと判断出来ませんよね?

その判断をする為に「審査」が行われる訳です。

借りたいピンク
よく街で「審査無しでキャッシング可能」と書かれた看板などを見かけますが、その全ては闇金業者と思って間違いありません。絶対に手を出すのは止めましょう。

審査なしの金融会社を探す理由とは?

そもそも何故「審査無し」の金融機関を探してしまうのでしょうか?

その理由を突き詰める事で対処法も見えて来ます。

①在籍確認の電話が嫌だから

審査の際に、本当にその会社に勤めているかを確認する為に「在籍確認」が行われます。
これは、金融機関のスタッフが偽名を使って勤め先の会社に電話をし、申込者を呼び出す事で在籍を確認するという方法です。

しかし、中には「お金を借りたがっている事が勤務先にバレてしまう」という理由で在籍確認を嫌がる人が結構いらっしゃいます。

気持ちは分からないでもないですが、審査の際に必要なので仕方がないと言えば仕方がありませんね。

ただし、一つだけこの「在籍確認の電話」を回避する方法があります。

それは「WEB完結のキャッシングサービスを利用する」事です。

WEB完結型のサービスは在籍確認は電話ではなく、給与明細の送付でOKという所も結構あります。

給与明細を送付する煩わしさがあるとはいえ、勤務先に借金をしようとしている事がバレるよりは随分マシですよね。

②信用情報が傷ついているから

金融機関は、申込者から申込があった場合、または実際に融資した場合、必ず「個人信用情報機関」呼ばれる機関へ詳細を登録する必要があります。

こうする事で、各金融機関が

  • 他社からの借り入れ状況
  • 毎月の返済・遅延状況

を共有する事で自社の審査に活用する目的があります。

個人信用情報機関は一つで無く、主に3つの種類に分けられます。

機関名 正式名称 主な会員
JICC 日本信用情報機構 消費者金融と信販会社
CIC 指定信用情報機関 クレジットカード会社と信販会社
JBA 全国銀行個人信用情報センター 銀行と銀行系カード会社等

そしてこれらの個人信用情報機関には過去の金融事故(自己破産や債務整理等)も5年から10年は掲載される事になります。

もし、きちんと働いているのに審査が通らなかった場合は、この個人信用情報機関に何らかの不利な情報が記載されていると考えて間違いないでしょう。

それでもお金を借りる方法がある事にはあります。

まず、個人信用情報機関は自分でも開示請求をする事によって閲覧する事が可能です。

その内容をみて、

  • 以前違う金融機関に申込をして6カ月以上経過していない
  • 以前返済を遅延していた情報が残っていた

という状況であれば、その機関が経過する事を待つ事によって新たな借り入れが出来る可能性が出て来ます。

また、自分の信用情報がJBAだけ傷ついている場合、CICしか参照しない金融機関に申込をすれば借入が出来る可能性もあります。

借りたいピンク
こちらはちょっと上級編になりますが、やってみる価値はありますね。

③今すぐお金を借りたいから

長い人生の中で、「急に現金が必要になった!」という事もあるでしょう。

そういう場合、審査をする時間すら待てないという人もいらっしゃるかと思います。

しかし、そういう絶体絶命のピンチでも審査無しの闇金に手を出す事は絶対に避けて下さい。

前述しましたが、一度闇金に手を出してしまったら抜けだす事が非常に困難です。

最近では正規の金融機関でも、最短審査が30分、融資まで60分という驚異的なスピードで利用出来るサービスも出てきています。

申込から引き出しまで1時間程度であれば、大抵の問題は片付くと思いますので、急にお金が必要になったら審査スピードが速いカードローン会社にまずは申し込んでみましょう。

今すぐお金借りたい人必見!即日対応おすすめカードローン3選!

2018.09.25

主な審査内容

それでは金融機関では審査でどのような事をチェックしているのでしょうか?

審査内容のポイントは主に3つあります。

①勤務先の状況

大体どの金融機関も利用の条件として「安定した収入」という事が書いてあります。

貸したお金を何年もかけて毎月返済する能力があるかどうかは、どんな所に勤務しているかというのは凄く大事になってきますよね。

公務員や、誰もが知る大企業は別として、

  • 会社の設立年月日
  • 資本金
  • 従業員の人数
  • 上場か非上場か
  • 固定電話はあるか
  • 主な事業内容は何か
  • 勤務先の住所はどこか
  • 収入形態はどうなっているか
  • 保険証の種類は何か
  • 入社年月日はいつか

と事細かく調べて、その人にお金を貸しすかどうかを判断されます。

この事から、例えば自営業や経営者といった属性の人は「安定した収入は無い」と判断されてお金が借り辛くなる場合もあります。

②個人信用情報機関

こちらは前述しましたが、審査の際には必ずその金融機関が加盟している個人信用情報機関で、申込者を参照されます。

これにより他社からの借り入れや、過去の返済状況・金融事故の有無などが分かり、融資するかどうかの大きな判断材料になります。

過去に金融事故を起こしていた場合はほぼ100%借りる事が出来ず、またそれ以外にも

申込ブラック
⇒過去6カ月以内に他社への申込があるか?

総量規制の範囲内か?
⇒借入の総額が年収の3分の1以内かどうか?

という事もチェックされ、これらが基準を満たしていない場合もお金を借りる事は出来ません。

③申込者本人かどうか

こちらは常識的に考えて、「そりゃ本人が借りるんだから本人の身分証明書を出すだろ」と思いますが、中にはそうでいない人もいます。

例えば自分の信用情報が傷ついていた場合、他人名義でお金を借りようとする人も中にはいるのです。

そこで、免許書やパスポート、保険証といった公的な身分証明書でないと受け付けてもらえません。

審査に通りやすくなるポイント

ここで中々金融機関の審査に通らない人の為に、審査に通りやすくするためのポイントをまとめてみます。

申込金額は最低限の額で申し込む

例えば10万円しか必要ないのに、希望融資額を100万円としてしまって審査に落ちるという事が多々あります。

これは「総量規制」に引っ掛かる場合も多く、総借入金額が年収の3分の1以内と法律で決められているからです。

また、希望借入額を50万円以上にすると、金融機関の審査内容もより厳しくなると言われており、実際の必要な金額が50万円以内であれば、その分の金額を希望する事でより借りやすくなると言えます。

提出書類は鮮明に

カードローンの審査には身分を証明する証明書や、収入を証明する給与明細などの書類の提出が求められます。

金融機関は

  • 本人である事
  • 年収に偽りが無い事

に特に厳しく目を光らせていますので、提出した書類に曖昧な部分があると、それだけで審査に落ちてしまう可能性があります。

例えばスマホで免許書を撮影して提出する場合等は、細かい文字や数字もはっきり読み取れるものを送付するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正規の金融機関からお金を借りるには「審査」は避けて通れません。

その審査から逃げて闇金に手を出すと、最悪人生まで台無しにしてしまう可能性だってあります。

一度融資を断られても、審査の内容やチェックポイントと向き合う事で、そこを改善して再度融資申し込みをする価値は十分にあります。

借りたいピンク
是非この記事を参考にし、自分の状況と照らし合わせて申込に役立ててみて下さい。