低金利でお金を借りる方法!金利が安いオススメ銀行カードローンもご紹介!

低金利

お金を借りる際に設定される「金利」。

この金利で金融業者は利益を得る訳ですが、私達債務者からしたら出来るだけこの金利が安い所からお金を借りたいですよね?

数字で表すとたったの数%の違いでも、最終的な返済額が大きく違ってくる事もしばしば。

借りたいピンク
という事で今回は出来るだけ低金利でお金を借りる方法をご紹介致します。

低金利でお金を借りれる公的融資制度

金利が低い融資という事で最初に挙げられるのは国からお金を借りる「公的融資制度」の活用です。

誰でも借りれるという訳ではありませんが、国が融資をしてくれるというだけあって金利は民間の業者に比べると驚くほど安く設定されています。

公的融資制度の中にもいくつか種類がありますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は厚生労働省が管轄し、それを各自治体にある「都道府県社会福祉協議会」が行っている貸付制度です。

窓口は各市町村の役所になります。

金利は保証人を立てられる場合はゼロ、保証人を立てられない場合でも1.5%とかなり安い金利設定です。

但し、この制度を利用して貸し付けをしてもらうには条件があります。

低所得者世帯 収入が少なく、民間の金融業者から資金を借りる事が出来ない世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者がいる世帯
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ人がいる世帯

生活福祉資金貸付制度には大きく分けて4つの種類があり、それぞれ目的に応じて審査が行われます。

生活福祉資金貸付制度の種類と目的

生活福祉資金貸付制度の種類と主な目的をご説明します。

1.総合支援資金
資金の種類 用途
生活支援費 生活を再建するまでに必要な生活費
住宅入居費 住宅の賃貸契約のための費用(敷金や礼金などの初期費用)
一時生活再建費 就職や転職のために必要になる技能習得のための経費
滞納している公共料金の立替費用
債務整理のために必要な費用 など
2.福祉資金
資金の種類 用途
福祉費 ケガや病気の療養に必要な経費や療養中の生活費
介護サービスを受けるのに必要な経費や、サービスを受けている間の生活費
災害を受けたことで臨時に必要になる費用
福祉用具の購入費用
暮らしを立てるための仕事の必要費用 など
緊急小口資金 災害などにあったときに臨時で必要になる少額の費用
3.教育支援資金
資金の種類 用途
教育支援費 低所得世帯の子どもが高校・大学・高専に通うための費用
就学支度費 低所得世帯の子どもが高校・大学・高専に入学するための費用
4.不動産担保型生活資金
資金の種類 用途
不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯の生活資金(自宅を担保として貸付)
要保護世帯向け不動産担保型生活資金  生活保護を受給している高齢者世帯の生活資金(自宅を担保として貸付)

生活福祉資金貸付制度の借入上限金額

それぞれの借入上限金額は下記の通りです。

1.総合支援資金
資金の種類 貸付額
生活支援費  2人以上世帯:月20万円以内
1人世帯月15万円以内
※貸付期間は原則3カ月、最長12カ月以内
住宅入居費 40万円以内
一時生活再建費 60万円以内
2.福祉資金
資金の種類 貸付額
福祉費 580万円以内
緊急小口資金 10万円以内
3.教育支援資金
資金の種類 貸付額
教育支援費 高校:月3.5万円以内
高専:月6万円以内
短大:月6万円以内
大学:月6.5万円以内
※事情に応じて月額限度額の1.5倍まで貸付が認められる可能性あり
就学支度費 50万円以内
4.不動産担保型生活資金
資金の種類 貸付額
不動産担保型
生活資金
土地の評価額の70%程度
月30万円以内
要保護世帯向け
不動産担保型
生活資金
土地及び建物の評価額の70%程度(マンションは50%)
生活扶助額(生活保護)の1.5倍以内

生活福祉資金貸付制度の利子と返済期間

それぞれの制度の利子と返済機関は下記の通りです。

1.総合支援資金
資金の種類 金利 返済期間
(償還期間)
生活支援費 保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
10年
住宅入居費 保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
10年
一時生活再建費 保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
10年
2.福祉資金
資金の種類 金利 返済期間
(償還期間)
福祉費 保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
20年
緊急小口資金 無利子 12カ月
3.教育支援資金
資金の種類 金利 返済期間
(償還期間)
教育支援費 無利子 20年
就学支度費 無利子 20年
4.不動産担保型生活資金
資金の種類 金利 返済期間
(償還期間)
不動産担保型
生活資金
年3%または長期プライムレート※のいずれか低い利率 契約終了後3カ月以内
要保護世帯向け
不動産担保型生活資金
年3%または長期プライムレートのいずれか低い利率  契約終了後3カ月以内

尚、連帯保証人は原則として同一都道府県に住んでいて、かつ生計が別の人が求められます。

生活福祉資金貸付制度のデメリット

生活福祉資金貸付制度のデメリットとしては、利用可能な条件がかなり限られている事と融資実行までのスピードの遅さです。

生活福祉資金貸付制度は下記のような条件に当てはまる場合、利用出来ません。

  • 他の貸付制度を利用可能な人
  • 生活保護や失業給付を受給している人
  • すでに払い終わっている経費の支払いに充てるつもりの人
  • 収入がないか、収入があるがかなり低い人
  • 多重債務者
  • 住宅が確保できていない人、住宅の確保が見込めない人

また、申し込みから融資実行まで1カ月程かかり、「すぐにお金が必要」という人には向いていません。

自治体の民生委員を通す事で、若干融資までスピーディーになりますが、それでも民間の貸付サービスと比べたらかなり遅くなります。

②国の教育ローン

次にご紹介するのは教育ローンです。

民間の教育ローンと違い、国が実質運営する「日本政策金融公庫」が実施する教育資金の貸付制度です。

用途は教育関連にしか使えませんが、民間の教育ローンが通らない人でも利用出来る救済的なローンです。

この制度を利用出来る人は、子供が下記の学校に通っている保護者に限ります。

  • 大学、大学院(法科大学院など専門職大学院を含みます。)、短期大学
  • 専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校
  • 高等学校、高等専門学校、特別支援学校の高等部
  • 外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院(原則6ヵ月以上の留学に限ります。)
  • その他職業能力開発校などの教育施設など

申込は日本政策金融公庫のホームページから行えます。

利率や上限は下記の通りです。

年利 1.81%
限度額 基本的に350万円まで
スピード 10日前後

③年金担保融資制度

年金担保融資制度はその名の通り年金を担保にお金を借りる方法です。

用途は自由ですが、連帯保証人や請求書など「資金使途の確認資料」の提出が求められます。

年金担保融資制度を利用するには、普段年金を受け取っている金融機関の窓口で申し込めば大丈夫です。

制度名 年金担保融資制度
年利 1.2%~1.9%
限度額 以下の3つに当てはまる範囲内で決まります。

10万円~200万円(資金使途が「生活必需物品の購入」の場合は、10万円~80万円)
受給している年金の0.8倍
1回あたりの返済額の15倍以内

スピード 4週間前後

【銀行カードローン】低金利でお金を借りる方法

次に低金利でお金を借りる方法として「銀行カードローン」があります。

銀行カードローンは消費者金融のカードローンに比べて金利が安い傾向にあります。

更に、総量規制の対象外ですので、借入額も多く借りる事が可能です。

但し、その分審査は若干厳しくなる場合もあります。

①借りる金額を抑える

金利を安く抑える方法として「借りる金額を抑える」という方法が挙げられます。

例えば、50万しか必要ないのに100万円借りたとしたら1年間で金利はどれほど差が付くのでしょうか?

金利が12%だったとして、

  • 50万円の金利⇒1年で60,000円
  • 100万円の金利⇒1年で120,000円

金利だけで6万円もの差がついてしまいますね。

本来であれば払わなくて良い金利が年間6万円もあると思うと大分もったいないですよね。

ですので借入の金額は必要最低限の額に留めておきましょう。

②低金利の銀行カードローン3選

ここで、実際に金利が低い銀行カードローンを3つご紹介します。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの審査・金利・返済方法まとめ!

2018.08.16

イオン銀行カードローンはイオン銀行が直接取り扱うカードローンです。

イオン銀行は日経金融機関ランキングの顧客満足度第1位を獲得するなど、今ではメガバンクに肩を並べる程の知名度です。

そんなイオン銀行のカードローンは他行に比べて上限金利も安く、メリットも多いのでオススメです。

イオン銀行の金利は下記の通りです。

借入額 金利
10~90万円 11.8%~13.8%
100万円~190万円 8.8%~13.8%
200万円~290万円 5.8%~11.8%
300万円~390万円 4.8%~8.8%
400万円~490万円 3.8%~8.8%
500万円~590万円 3.8%~7.8%
600万円~790万円 3.8%~5.8%
800万円 3.8%

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの審査・金利・返済方法まとめ!

2018.08.16

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行が発行するカードローンです。

通常、銀行系のカードローンは申込時にその銀行の口座が必要ですが、三井住友銀行カードローンは口座が無くても申込が出来、無人契約機も使えるのでスピーディーに利用が可能です。

三井住友銀行カードローンの金利は下記の通りです。

借入額 金利
100万円以下 年12.0%~14.50%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.00%~4.5%

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンでお金を借りる方法!審査・金利・申込の流れを徹底解説!

2018.08.16

みずほ銀行カードローンはメガバンクであるみずほ銀行が直接取り扱う金融商品です。

金利は安いものの、申し込み時にみずほ銀行の口座開設が必要となり、審査から融資実行までのスピードは若干他行よりも遅い傾向にあると言えます。

ただ、それでも母体がしっかりしているので安心して利用出来るカードローンの一つです。

みずほ銀行カードローンの金利は下記の通りです。

借入額 金利
100万円以下 年14%
100万円超200万円以下 年12%
200万円超300万円以下 年9%
300万円超400万円以下 年7%
400万円超500万円以下 年6%
500万円超600万円以下 年5%
600万円超700万円以下 年4.5%
700万円超800万円以下 年2%

【消費者金融カードローン】低金利でお金を借りる方法

低金利でお金を借りる方法、次は消費者金融のカードローンのご紹介です。

消費者金融のカードローンは銀行系のカードローンに比べて若干金利が高いというデメリットがありますが、即日融資や無利息キャンペーンなど利便性が高く、人によっては消費者金融カードローンの方が良いという場合もあります。

但し、消費者金融のカードローンは総量規制の対象となってしまう為、他社からの借金も合わせて年収の3分の1までしか借りる事が出来ません。

①無利息キャンペーン

消費者金融カードローンのメリットの一つとして、無利息キャンペーンというものがあります。

これは例えば、初回借入から30日以内の返済で金利が0になるというキャンペーン。

最近大手の消費者金融ではどんどん実施され、すぐに返済したい人には大変有難いキャンペーンです。

②低金利の消費者金融カードローン3選

プロミス

プロミス

プロミスでのお金の借り方は!?申し込み方法から審査基準まで徹底解説!

2018.07.19

SMBCコシューマンファイナンスが運営する消費者金融会社のプロミス。

SMBCコシューマンファイナンスは三井住友ファイナンシャルグループの一つで、三井住友銀行カードローンの保証業務も行っています。

プロミスが取り扱うカードローンは

  • フリーキャッシング
  • 貸金業法に基づくおまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

の4つがありますが、メインは「フリーキャッシング」になります。

特徴としては、審査が最短30分と超スピード対応している事です。

また、全国の無人契約機や提携ATMなども多く、利便性が高いのも魅力の一つです。

プロミスフリーキャッシング商品詳細
金利 4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
申込条件 20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※アルバイト・パートも可
審査時間 最短30分
口座開設 不要
即日融資 可能
土日即日融資 可能

アコム

アコム

アコムでお金を借りるには?むじんくんでの借り方・返済方法・審査についてご紹介!

2018.09.04

CMでおなじみのアコムもカードローンを取り扱っています。

他の消費者金融と比較して違う所は「クレジットカード機能付き」という所。

ネットショッピング等でクレジットカードは重宝しますから、持っていない人には有難い機能ですね。

審査スピードも速く、無利息キャンペーンもついているので利便性も高いのが特徴です。

アコムカードローン詳細
金利 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
申込条件 20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※アルバイト・パートも可
審査時間 最短30分
口座開設 不要
即日融資 可能
土日即日融資 可能

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットでお金を借りる方法!審査基準から金利・返済方法まで!

2018.07.19

SMBCモビットは三井住友銀行グループの会社で、大手の消費者金融です。

審査スピードも速く、WEBでの簡単診断も魅力的です。

SMBCモビットの商品詳細
金利 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
申込条件 20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※アルバイト・パートも可
審査時間 10秒簡易審査
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
口座開設 不要
即日融資 可能
土日即日融資 可能

③消費者金融がオススメなのはこんな人

消費者金融カードローンがオススメなのは以下のような人です。

  • とにかく融資を急ぐ人
  • 無利息サービスを利用したい人
  • 短期での返済を考えている人

このような目的の人は銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり金利の安さは国からの融資が一番ですね。

しかし、貸付条件の厳しさであったり、貸付スピードの遅さであったりとデメリットも多数あります。

民間の金融機関も含め、どれが自分に一番ピッタリな融資方法かこの記事を参考に検討してみて下さいね。

消費者金融おすすめランキング!人気のカードローンを徹底比較!

2018.08.09

銀行カードローンおすすめランキング!銀行でお金を借りるならどこがいいか徹底検証!

2018.09.12