5万円借りるオススメの方法!今すぐ5万円必要で借りたい方必見!

5万円借りる
  • 冠婚葬祭が入った
  • 急なデートの予定が入った
  • 楽しそうな飲み会がある

など「5万円」程度の急な出費というのは人生においてよくあるシーンです。

では今すぐ5万円が必要となった場合はどのような借入れ方法がいいのでしょうか?

借りたいレッド
今回は急ぎで5万円を借りる方法を調べてみました!

今すぐ5万円借りたいなら消費者金融がオススメ!

今すぐに5万円を借りたい!という人には消費者金融が絶対にオススメです。

その主な理由としては

  • 審査から融資までのスピードが早い(最短1時間程度)
  • 30日間無利息サービスを実施している会社も多い
  • 銀行系に比べて審査が厳しくない(必要書類も少ない)

という事が挙げられます。

消費者金融の即日融資対応サービス

大手の消費者金融の場合、申し込みから融資実行までその日のうちに、最短では1時間程度で完結するサービスがあります。

アコムやプロミスなどは14時頃までに審査が終了していれば、銀行の営業時間内にお金を振り込んでくれます。

また、アコムであれば「楽天銀行」、プロミスであれば「三井住友銀行・ジャパネット銀行」の口座があれば14時以降でも即日で5万円を振り込んでくれます。

また、消費者金融の良い点として「無人契約機」がある事が挙げられます。

もし銀行の営業時間を過ぎてしまった場合でも、無人契約機に行けばその場で審査からカード発行、お金の引き出しまで完結してしまいます。

30日間無利息サービスが利用出来る

TVCMや雑誌などでバンバン宣伝されているのでご存知の方も多いでしょうが、大手の消費者金融はこの「30日間無利息サービス」を行っています。

お金を借りてから30日以内の返済であれば、金利は0円になり、かなりお得に利用出来ます。

また、5万円程度の少額であれば180日間無利息という消費者金融もありますので、ご自分の返済計画に合った会社を利用しましょう。

銀行カードローンの審査は厳しい

最近は銀行系と消費者金融系の垣根が無くなってきていますが、未だに消費者金融系の方が審査が緩いと言われています。

厳密に言うと審査が緩い・甘いというよりは必要書類等が少なくて済むという事です。

銀行系カードローンであれば、収入証明書などの提出が求められる場合もありますが、消費者金融なら50万円以下の少額の場合は身分証明書のみでOKな所がほとんどです。

収入証明書を用意するのは面倒ですが、免許書などであれば常時持ち歩いているので手軽に申込が可能ですね。

この点からも5万円程度の融資であれば消費者金融の方がオススメな理由の一つです。

5万円借りた時の返済額・利息は?

消費者金融でお金を借りる場合、心配なのは金利では無いでしょうか?

30日以内に全額返済出来れば金利は0円ですので余計なお金を払わずに済みますが、もし返済が長期にわたる場合は銀行系と比べてどれ位差がつくのでしょうか?

参考までに、プロミスの最高金利17.8%でお金を借りた場合の1回の返済額と利息をシュミレーションしてみましょう。

返済期間  1回の返済額 利息
3ヶ月 17,163円 1,489円
6ヶ月 8,771円 2,626円
9ヶ月 5,975円 3,775円
12ヶ月 4,579円 4,948円

当然ですが、利息は借りている期間が長い程高くなり、1回の返済額は少なくなります。

しかし5万円程度なら1年借りても利息は4,948円とそれほど高くなく、利用しやすいと言えるのではないでしょうか?

銀行から5万円借りる場合

銀行から5万円借りる場合、いくら消費者金融から借りるよりも金利が安いといっても大抵は上限の金利が適用されます。

消費者金融の金利が18%程度なのに対して、銀行の上限も16~17%とあまり変わりがありません。

前途した通り、銀行から借りるデメリットとして

  • 即日対応のサービスが無い(審査に時間がかかる)
  • 無利息期間が無い(1日で返済しても金利が発生する)
  • 提出書類が多い場合もある(収入証明書等)

というものが挙げられます。

今回はテーマは「今すぐ5万円借りる」というものですので、今回のケースだとどうしても銀行からの借り入れはデメリットが目立ってしまいます。

100万円以上の借入をしてじっくり返したいという人以外は消費者金融からの借り入れがオススメです。

親や友人から5万円借りる場合

今すぐ5万円借りる方法として、消費者金融や銀行以外から借りる方法もあります。

それは親や友人から借りるという方法です。

5万円という小額の場合は、必死でお願いすれば貸してくれる人も多いはず。

もちろん、「何故5万円が必要なのか?」と「返済期限はどうするのか?」という2つが大事なポイントになってくるとは思いますが、貸す側が納得出来る理由があれば貸してくれる人も現れるでしょう。

親は別として、友人にお金を借りるというのは下手をするとそれだけで信頼が失われる行為です。

しかし、金融機関に借りるのと違って

  • 借用書が無い場合が多い
  • 金利を取られない
  • 返済期限を決めれる
  • 信用情報機関に掲載されない

というメリットもあります。

あなたの周りに5万円を貸してくれそうな人が思いつく場合は頼ってみるのもアリかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長い人生で「急に5万円が必要になった」というシーンは多々あると思います。

絶対に返済出来る自信がある場合はどの観点から見ても消費者金融がオススメです。

たかが5万円、されど5万円。

気軽に友人や知人に借金をするとそれまでの信頼関係が悪化してしまう恐れがありますので、やはり最初は自分の力でどうにかしてみましょう。

今すぐ10万円借りたい人必見!10万円借りるオススメの方法!

2018.09.07