学生がお金を借りる方法!未成年・高校生でも親バレせずに借りれる!?

学生(未成年・高校生)と言えば、色んな誘惑が多くその分出費も増えますよね?

でもやはり安定した収入が少ない学生はお金に困る事も多いのではないでしょうか?

借りたいレッド
そこで今回は学生(未成年・高校生)でもお金を借りる方法はあるか?また、親にバレずに借金をする事は出来るのか?等をテーマにご紹介していきます!

学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りる方法は大きく分けて3つあります。

①奨学金でお金を借りる

奨学金は、学生がお金を借りる最もメジャーな方法です。

奨学金を借りる学生を「奨学生」と呼び、主に学校が窓口になりお金を借りる事になります。

奨学金にも2つの種類があり、「無利息の第一種」と「利息ありの第二種」があります。この2つは学力や親の収入が審査された上でどちらになるか振り分ける事になります。

奨学金を借りるには必ず2名以上の保証人が必要になり、親は絶対に保証人になる必要があります。

借りれる金額は月に3万円から12万円、四年間かりると総額144万円~576万円になります。

利息は高くても1%程度と一般的な金融機関に比べるとかなり安く、もし奨学金を借りれるなら借りた方がよいでしょう。

本来であれば学費や家賃に充当するのが目的ですが、使用使徒に制限は無いのでちょっとした生活費や遊興費に使う事も可能です。

借りたいレッド
ただしもちろん返済義務があり、返済が滞ると信用情報機関に掲載され、大人になってローンを組んだり、キャッシングをする事が出来なくなるので注意しましょう!

②クレジットカードのキャッシング枠を利用する

学生でもアルバイトをしていればクレジットカードを作る事が出来ます。

そして、クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあり、そのキャッシング枠内の金額であればお金を引き出す事は可能です。

ただし、キャッシング枠はショッピング枠に比べて限度額が5分の1程度と少なく、そもそもキャッシング機能すらついていないクレジットカードもあります。

カード会社にお願いすればキャッシング枠をつけて貰う事も可能ですが、その場合は別途審査があり、これまでのクレジットヒストリー等を考慮されるので学生の場合少し不利になるかも知れません。

借りたいレッド
また、キャッシング枠の金利は決して安いものではありませんので安易に使うのは控えましょう!

③カードローンで借りる

学生でも、20歳以上でアルバイトをしていれば一般的なカードローンに申し込む事が出来ます。

カードローンには消費者金融系と銀行系があり、それぞれメリットやデメリットが存在します。

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融とはプロミスやアイフル、アコムなどが有名です。

テレビコマーシャル等でも頻繁に流れているのでご存知の方も多いかと思います。

消費者金融のカードローンのメリットは次のようなものがあります。

  • 30日間無利息サービスがある
  • 審査時間が早い
  • 土日でも即日融資可能な所がある
  • 提出書類が少ない
  • 利便性が高い

反対にデメリットは次のようなものがあります

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象となる

消費者金融おすすめランキング!人気のカードローンを徹底比較!

2018.08.09

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンはその名の通り銀行が直接取り扱うカードローンです。

有名な所で言うと三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、楽天銀行等があります。

銀行カードローンのメリットは、

  • 消費者金融に比べて金利が若干安い
  • 総量規制の対象外である

逆にデメリットとしては

  • 審査に時間がかかる
  • 提出する書類が多い(収入証明等)
  • 無利息キャンペーンが無い
  • 即日融資は無理

というものが挙げられます。最近では銀行カードローンでも自主的に総量規制を守る銀行も多いのでメリットとして薄れてきている印象があります。

銀行カードローンおすすめランキング!銀行でお金を借りるならどこがいいか徹底検証!

2018.09.12

学生ローンとは

学生ローンとは、その名の通り学生を対象とした消費者金融などのローンの事を指します。

しかし、学生ローンと言っても通常のカードローンと審査方法や金利、総量規制の対象になるなどあまり相違点はありません。

逆に利用限度額が少なかったりするのであまりメリットが無いというのが正直な所です。
それでも「通常のカードローンより審査が甘い」という口コミもたまに見かけますので、一般的な大手消費者金融の審査に通らなかった人が挑戦してみるのはアリかも知れません。

学生ローンと奨学金の違い

学生ローンと奨学金の大きな違いはお金を貸し出す所がどこになるか?という所です。

学生ローンであれば、貸主は「民間企業」、奨学金であれば「国」になります。

奨学金は学生の為に作られた制度ですので、金利は比べ物にならない位安く、学生であればまず奨学金を借りる方が賢明です。

しかし、「親にバレたくない」「自分の力だけで何とかしたい」という人であれば金利が高くとも学生ローンに頼るしかありません。

親バレしない?

学生にとって借金は出来る事なら親にバレたくありませんよね?

そこで、親にバレずに借金が出来るのか?という問題ですが、結論から言えば親バレせずに借金をする事は可能です。

ただし前途した通り、奨学金は親が保証人になる事が必須ですので親バレせずに利用する事は不可能です。

一番親バレしない方法はカードローンでのキャッシングです。

最近のカードローンはWEB完結型と呼ばれ、カードレスで審査から融資まで行う事が可能です。

スマホで審査をし、自分の口座にお金を振り込んでくれ、郵便物も家に送られる事が無いサービスもいくつかありますので、その会社を利用すれば完全に親バレする事がありません。

借りたいレッド
ただし、返済が遅れたりした場合は金融会社から電話がかかってきたり郵便物が送られてくる事もありますので、その段階で親バレする事が多いようです!

未成年でも借りれる?

学生でも20歳に達していない「未成年」でもお金を借りる事は出来るのでしょうか?

殆どの金融機関の場合、利用出来る年齢は20歳からとなっており、未成年で学生であれば利用する事は出来ません。

しかし、「アイシーローン」「カレッヂ」「フレンド田」という消費者金融は未成年でも貸してくれる場合があるようです。

フレンド田は親権者の同意と保証が必要になり、アイシーローンは東京近辺に住所が無いと借りれないようです。

東京から遠い場所に住んでいて、親バレせずに未成年がお金を借りれるのは「カレッヂ」のみのようです。

カレッヂの基本情報

カレッヂの学生ローンの基本的な情報は下記の通りです。

ご利用いただける方 日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。
安定した収入のある方
ご利用可能額(要審査) 借入最高限度額【極度額】50万円
(但し、与信枠上限は審査により別に設定、成人前は10万円以内です)
貸付利率 実質年率17.00%(月利約 1.42%)
遅延損害金 実質年率20.00%(月利約1.7%)
返済期間 5年(最高60回、但し契約期間満了時のお客様のご事情により、更新可能)
保証人・担保 必要無し
ホームページ https://www.3205-1105.co.jp/top.htm

学生ローンのメリット・デメリット

ここで学生ローンのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

学生ローンのメリット

学生ローンのメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 消費者金融より若干金利が安い場合もあるK
  • アルバイトでも借りれるK
  • 未成年でも貸してくれる所があるK
  • 使用目的は何でもOK

学生ローンのデメリット

学生ローンのデメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 限度額が消費者金融に比べて少ないK
  • 親バレせずに借りれる所が少ないK
  • 審査や返済方法など利便性が低い

以上のような事が挙げられます。学生であっても20歳以上であれば、学生ローンより消費者金融を利用する方がオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

学生で尚且つ未成年であっても貸してくれる会社はあるようです。

但し、何度も述べましたが、利息の事を考えると奨学金が断トツで低いので、まずは奨学金の利用を検討してみましょう。

親に頼れない、頼りたくないという人のみカードローンや学生ローンを検討する方が良さそうです。

また、よほどの事情が無い限り学生のうちから借金に頼るのはオススメ出来ません。