消費者金融セントラルの口コミ評判まとめ!審査基準から在籍確認の有無までご紹介

「消費者金融セントラル」

この名前を聞いた事がある人は少ないかも知れません。アイフルやプロミスのようにテレビコマーシャルをバンバン打っているような、いわゆる「大手消費者金融」では無いので知名度は正直いまいちです。

しかし近年、都市部を中心に支店をどんどん増やしており、今最も勢いのある中小消費者金融の一つなのです。

サービスも大手消費者金融と遜色ないレベルにあるセントラル。

今回はそんなセントラルの口コミや申込方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説していきたいと思います。

自己破産後でもお金を借りれる!?審査が通りやすい金融会社は?

2018.10.17

セントラルとは?街金?闇金?

消費者金融セントラルという名前を聞いてピンと来ない人も多いと思います。

あまり知名度が無い消費者金融の場合、「もしかしたら闇金?」と思われる方もいらっしゃる方もいるかもしれませんので、まずはそこを調査してみましょう。

闇金かそうでないかを調べる場合に一番手っとり早いのは、

●日本貸金業協会
(https://www.j-fsa.or.jp/)

にきちんと登録されているかどうかを調べる事です。

という事でさっそく日本貸金業協会で「消費者金融セントラル」を調べてみましょう。

日本貸金業協会の「協会員検索」で消費者金融セントラルを調べるときちんとヒットしました。

しかし住所や登録番号が同じでないといけませんので、セントラルの公式ホームページで会社情報を調べてみます。

「四国財務局長(7)第00083号」

公式ホームページに記載されている登録番号も一致しているので間違いないですね。

という事で消費者金融セントラルは闇金ではなく、日本貸金業協会に登録されたまっとうな金融機関である事が分かりました。

消費者金融セントラルってどんな会社?

それでは消費者金融セントラルは一体どんな会社なのでしょうか?

まず、会社の詳細な情報を見てみましょう。

商号 株式会社セントラル(Central Co., Ltd)
創業 昭和48年
本社 〒790-0013 愛媛県松山市河原町9-2 クロカワビル2F
TEL 0570-038-038
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 黒河栄一朗
従業員数 22名(男性11名、女性11名)(2017年5月現在)
事業内容 総合金融業
事業所数 14店舗(2017年5月現在)
所属団体 日本貸金業協会会員(第001473号)
登録番号 四国財務局長(7)第00083号

消費者金融セントラルは公式ホームページにもあるように、昭和48年創業と45年もの歴史を誇る老舗の消費者金融です。

当初は愛媛県を中心に地方都市でのみの営業でしたが、2016年に「セントラル横浜店」を出店してから「セントラル池袋店」「セントラル銀座店」「セントラル渋谷店」と東京近郊にも支店を出店し、現在では全国に14店舗もある中小規模の消費者金融へと成長しています。

消費者金融セントラルのスペック

それでは消費者金融セントラルのスペックも見て行きましょう。

資金の使い道 原則自由
対象年齢 20歳以上
申込条件 定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
借入限度額 1~30万円 30万円超~100万円未満 100万円超~300万円
金利 4.8~18.0%(実質年率) 4.8~18.0%(実質年率) 4.8~15.0%
審査時間 最短即日
即日融資 最短即日
無利息サービス 最大30日
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
月々返済額 最低返済額4,000円(借入残高10万円以下の場合)
返済日 自由に設定できる
返済期間・返済回数 最終借入日から最長3年0ヵ月1~32回
収入証明書 借入額50万円超または、他社借入を含めた総額が100万円を超える場合は必要
担保・保証人 不要
入会金・年会費 不要
備考 ※新規契約時に印紙代200円が別途かかります

消費者金融セントラルはキャッシングとカードローンを選択出来るようになっています。
「Cカード」というものを発行してもらえば、2017年2月からセブン銀行と提携していますので自社ATMと合わせてCカードを利用でき、カードローンとして使う事が可能です。

消費者金融セントラルのカードローンは、借入限度額(極度額)の範囲内であれば、繰り返して利用できる利便性の高い商品です。

セントラルの口コミ評判

それではここで消費者金融セントラルの口コミ評判を見てみましょう。

4年前に任意整理をし、残り2社約16万の残がある状況で他の業者数社に瞬殺されるも、20万可決いたしました。 電話はナビダイヤルで料金がかかるものの毎度名前と連絡先を聞いたのちすぐに折り返していただき、配慮を感じました、また対応がとてもよく不安な気持ちがなくなりました。

2年前に自己破産して、夏休みで色々と物入りだったため、口コミで評判が良かったこちらに、ダメ元で融資のお願いをしました。20万希望のところ30万の融資をしていただきました!口コミ通り、電話の方みなさん、とても対応が良く、つい身の上話をしてしまいました。ほんとに助かりました!

年収710で1100の任意整理中。5年支払い残り1年残額130万のところで急な出費が必要に。いくつか連絡するも門前払い。ここは最初から親身に聞いてくれて半日で30決済。ブラックでも遅れがないこと信用してくれて感謝します

小規模個人再生認可後、150万円弁済中。
直近2ヶ月で、街金・クレジットカードの申込みをダメ元で申込み、10社以上全て否決。
私みたいなどこからも借りれない状況でも、きちんと親切に電話対応して頂き、希望融資額5万円だったのですが、30万円融資可能との事でした。
闇金に借りる前に、正直に話せば何とかなると思います。

消費者金融セントラルの口コミまとめ

消費者金融セントラルの口コミを見てみると、債務整理や自己破産、任意整理をした後でも融資してもらえたという声が多数見受けられます。

独自の審査で過去よりも現在の状況を見て審査をしてくれている事がよく分かりますね。
中小消費者金融ならではの柔軟な審査基準で合否を決めてくれている所が近年の勢いに繋がっているのかも知れません。

借りたいレッド
ここまで口コミが高評価な街金も珍しいですね!

申し込みから契約までの流れ

それでは消費者金融セントラルの申込方法や契約までの流れを解説していきます。

まず、セントラルの申込をするには次の中から申込方法を選びましょう。

  • スマホ・パソコン
  • 自動契約機
  • 来店
  • 郵送
  • コンビニ

近くにセントラルの店舗がある場合は来店という方法も取れますが、無い場合はやはりインターネットからの申込が一番手軽で早いでしょう。

消費者金融セントラルにインターネットから申し込む手順は下記の通りです。

  1. 公式ホームページへアクセス
  2. 「今すぐお申し込み」をクリック
  3. 確認して送信
  4. 審査結果
  5. 「お客さまサポートページ」から書類を送付
  6. 契約手続き完了
  7. 銀行口座へ振込

もしお急ぎの場合は、ナビダイヤルに連絡する事で優先的に審査をしてもらえるようです。
■セントラルのナビダイヤル:0570-038-038

審査時の必要書類

消費者金融セントラルの申込時に必要な書類は下記の通りです。

本人確認書類

借入金額がいくらであっても本人確認書類は必ず必要になります。

有効な本人確認書類は下記の通りです。

  • 運転免
  • 許証
  • 健康保険証(国保も可)
  • パスポート
  • 住基カードまたは個人番号カード(マイナンバーカード)

顔写真がない書類や、書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、以下のいずれかの書類(最新のもの)をあわせて提出する必要があります。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(水道、電気、ガス、NHK、固定電話(携帯電話以外)など)
  • 納税証明書

収入証明書

もし借入額が50万円を越える場合や、他社からの借り入れと合わせて希望限度額が100万円を越える場合は収入を証明する書類が必要になります。

これは消費者金融セントラルだけでなく、賃金業法で定められている為仕方がありません。

これらの書類を

  • 「お客さまサポートページ」からアップロード
  • メール
  • FAX
  • 郵送

のどれかの方法で提出する必要がありますが、やはりアップロードが一番時間がかからず現実的でしょう。

セントラルの審査基準

セントラルの審査基準は大手消費者金融と違って独自の審査基準を設けているようです。
口コミからも分かるように、過去に債務整理や自己破産、任意整理などをした人で、個人情報機関にその事実が掲載されていたとしても融資を可決しているケースが多々あります。

このことからも分かるように、消費者金融セントラルは過去よりも現在の勤務状態や年収、他社からの借り入れや返済実績などを考慮して審査してくれています。

ですので過去に金融事故を起こしてしまった人でも、現在真面目に働き、返済している人であれば十分に新たな融資を受けられる可能性があるのです。

また、消費者金融セントラルの公式ホームページには「お借入「3問」診断」といって簡単な現在の状況を記入するだけで審査可能かどうかを簡単に審査してくれるサービスがありますので、不安な人はまずこちらを試してみましょう。

債務整理中でもお金を借りれる!?債務・任意整理中でもお金を借りる方法

2018.09.19

在籍確認はある!?

金融機関に申込をした場合(詳しくは審査が通った後)にある「在籍確認」。

在籍確認とは申込をした時点で申告した会社できちんと申込者が働いているかを確認する作業なのですが、中には「会社に借金をする事がバレそうで嫌」という人もいます。

大手消費者金融の中にはごくまれにこの在籍確認を行わない場合もあるようですが、消費者金融セントラルは必ず在籍確認があるようです。

しかし、在籍確認をするスタッフもプロ。そこは勤め先に金融機関のスタッフとバレないように偽名を使ったりして上手く対応してくれます。

それでも不安な場合は事前にセントラルに相談して「勤め先に借金と絶対にバレたくない」と正直に相談しましょう。

借りたいレッド
可能な限りバレ無い方法を一緒に考えてくれるはずです!

セントラルのメリット・デメリット

それではここから消費者金融セントラルを利用する際のメリットとデメリットを説明していきます。

消費者金融セントラルのメリット

消費者金融セントラルのメリットは下記の通りです。

①30日間金利0円サービスがある

消費者金融セントラルには大手消費者金融と同じように「30日間金利0円サービス」が用意されています。

こちらはセントラルを初めて利用する人のみが受けれるサービスですが、契約日の翌日から30日以内の返済であれば金利が0ですので、返済する充てがある人にとっては嬉しいサービスですね。

②全国のセブン銀行ATMが使える

前途しましたが、消費者金融セントラルは2017年2月からセブン銀行と提携しています。

これにより全国のセブン銀行ATMでセントラルの「Cカード」が使え、借入や返済が24時間出来るようになりました。

それまでは融資が振込のみの対応だったので、近くにセントラルの店舗がないと不可能だった夜間の借入などが手軽に出来るようになりました。

③金利も大手と遜色なし

中小の消費者金融の場合、金利がどうしても高くなる傾向にありますが、消費者金融セントラルは大手消費者金融と比べても遜色のない金利に抑えてあります。

多くの中小消費者金融の場合、借入金額が10万円未満ですと金利が法定金利上限一杯の20%に設定してある事も多々ありますが、セントラルの場合は18%と2%も低く設定してあります。

④全国対応で最短即日融資も可能

消費者金融セントラルの本社は愛媛県ですが、融資は全国対応です。

インターネットからの申し込みは24時間365日受け付けられ、平日14時までの契約であれば、最短即日振込みも可能です。

カードは後日郵送なので、平日14時以降に融資を受けたい方は自動契約機セントラルくんで契約すれば、その場でカード発行してくれます。

自動契約機セントラルくんは、土日祝日を含め8時~21時まで営業しているので、土日祝日の即日融資も可能です。

消費者金融セントラルのデメリット

それでは消費者金融セントラルのデメリットもみてみましょう。

セブン銀行ATMを利用の場合手数料がかかる

セブン銀行と提携しているので利便性は高いですが、利用の度に手数料がかかってしまいます。

取引金額 借入 返済
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

例えば1万円を越える金額を毎月返済するとなると、年間で2,592円もかかってしまいます。

セントラルATMであれば手数料はかかりませんが、設置されている店舗は限られていますのでこれはデメリットといえるでしょう。

最短即日融資は平日14時まで

セントラルの無人契約機の場合、平日・土日祝日を含め8時~21時まで営業しており、その場でカードが発行されるので急ぎで契約したい場合にはとても便利です。

しかしセントラルの無人契約機があるのは四国と東京・横浜のみ。それ以外の地域の人は現実的に振込融資の利用となります。

その場合、即日融資をしてもらうには平日の14時までの契約を終わらせる必要があります。

ですので会社勤めのサラリーマンにとっては即日融資はかなりハードルの高いものになってしまいます。

借りたいレッド
ここが大手消費者金融と違ってデメリットの一つになるでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サービスは大手消費者金融と遜色なく、金融ブラックの人でも柔軟に審査してくれる消費者金融セントラル。

メリットとデメリットを比較しても、メリットの方がデメリットを大きく上回る優良消費者金融と言えますね。

口コミでもあったように、他店から断られた人でもセントラルは貸してくれた!という声も多くあります。

他の消費者金融の融資を断られた人でもセントラルに申し込んでみる価値は多いにあるでしょう。

お金借りたいけど借りれない人必見!審査に通りやすい中小消費者金融おすすめランキング!

2018.09.21