プロミスでお金借りる方法!借入前に知っておきたい審査基準からメリット・デメリットまで!

プロミスの審査基準

今や日本中に数多くある消費者金融。そんな中でもテレビコマーシャルも多く流れ、今や知名度も抜群なのが大手消費者金融の「プロミス」です。

しかし大手消費者金融といっても、それぞれサービスや審査基準など細かい部分では違いがあります。

今回はプロミスの審査基準や申込の流れ、メリットやデメリットを詳しく解説していきたいと思います。

プロミスの審査基準

プロミス審査基準
プロミスの利用には申込基準というものがあります。

それは、「20歳から69歳までの本人に安定した収入のある方」です。

プロミスは収入が無い専業主婦や、年金しか収入がない年金受給者は申し込む事が出来ません。

しかし主婦や学生、年金受給者でもパートやアルバイトなどで収入があれば申し込む事が出来ます。

プロミスの審査に落ちやすい人

基本的に申込条件をクリアしていれば融資額の多い少ないはありますが、プロミスからお金を借りる事は可能です。

しかし、中には申込条件をクリアしていてもプロミスの審査に落ちてしまう人もいます。
その人とはどんな人なのでしょうか?詳しく解説していきます。

信用情報機関に過去の事故情報が登録されている

プロミスは信用情報機関と呼ばれるものに加盟しています。

これは金融業者が個人の信用を共有して、新規融資の際などに「その人は信用出来る人か」を判断する為のものです。

ですので申込者が過去に違う金融業者からの借り入れを遅延していたり、債務整理をした経歴があったりすると審査に落ちてしまいます。

また、携帯料金の遅延も信用情報機関に掲載されますので、「金融業者からの借り入れは無いのにプロミスの審査に落ちてしまった」という人もこういった理由から落とされてしまう場合があるのです。

総量規制に引っ掛かっている

プロミスは消費者金融なので国が定める賃金業法という法律を守らなければなりません。
その賃金業法の中には「総量規制」と呼ばれるものがあります。
これは、「賃金業者は個人の年収の3分の1を越える額を貸し付けてはならない」というものです。

ですので、もし他社からの借金と、プロミスの希望融資額の合計が年収の3分の1を越えてしまう場合は審査に落とされてしまうのです。

他の消費者金融からの借り入れが多い

総量規制に引っ掛かってなくても、他の消費者金融から多数借入をしている場合には審査に落とされてしまう場合があります。

具体的な数字は何とも言えないのですが、他の消費者金融から4社以上借り入れがある場合は難しいと考えてよさそうです。

申込ブラックである

前述した通り、プロミスは信用情報機関から申込者の様々なデータを取得する事が可能です。

そこで、プロミス以外にも短期間の間に色々な金融機関に申込をしている人は「申込ブラック」と呼ばれ、「よっぽどお金に困っている」とみなされ、リスクが高いと判断されて審査に落とされる場合が多いようです。

職業が不安定

きちんと働いていても、その職業が不安定な職業とみなされると融資額の減額、または審査落ちという結果が出る事もあります。

特に自営業の人や歩合制の給料の人、スポーツ選手や芸能人でも「安定した職業」とはみなされないようです。

また、保険証が厚生年金か国民保険かでも審査内容が変わります。

審査なしでキャッシングできるカードローンはある!?審査に通りやすくなるポイントとは?

2018.09.27

プロミス申込の流れ

プロミスに申し込むにあたって、申し込み方法は

  • WEBから申し込む
  • プロミスの自動契約機
  • プロミスコール(電話)
  • プロミスの店頭窓口
  • 郵送

の5つの方法があります。

また、プロミスはSMBCグループですので、三井住友銀行ローン契約機からも申込が可能です。

プロミスをWEBから申し込む手順

プロミスのWEB申込はパソコン、スマホ、携帯電話(ガラケー)から可能です。

各端末からプロミスの公式サイトへアクセスし、申込ページへ移動します。

そして氏名・生年月日・性別・家族構成・住所・勤務先・年収・保険証の種類等を入力するだけです。

即日キャッシングを希望する場合は、申し込み画面下部にある「ご希望の契約方法」を「WEB」と選択し、必要書類をメールやアプリで提出して下さい。

全ての項目を入力し、プロミスカードの利用規約に同意すれば申込完了です。

それから最短で30分すれば審査結果と利用限度額の連絡が来ます。

申込時の必要な提出書類

プロミスの申込には必要な提出書類があります。

本人確認書類(いずれか一つ)
  • 運転免許証
  • パスポート
収入証明書(いずれか一つ)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

ただし、プロミスからの借入額が50万円以下の場合や、他社との借入総額が100万円以下の場合は原則として収入証明書は必要ありません。

源泉徴収書と確定申告書は最新のものを、給与明細書は直近2か月と1年分の賞与明細書を用意する必要があります。

プロミスでお金を借りる方法

プロミスの審査を無事通過し、いよいよお金を借りるといった場合にはどのような方法があるのでしょうか?

プロミスからお金を借りる方法は、口座への振り込みか店頭窓口・ATMでのキャッシングかの2つの方法があります。

店頭窓口の場合は平日の10時~18時まで、プロミスATMは7時~24時*¹まで営業していて、1000円単位で振り込む事が出来ます。
*¹ ATMにより営業時間、休日が異なります。

口座への振り込みは、インターネットかプロミスコール(電話)からの申込が必要です。

プロミスの「瞬フリ」が便利

もし三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、プロミスの「瞬フリ」というサービスが利用出来ます。

瞬フリとは土日祝日関わらず、原則24時間最短10秒でプロミスから口座にお金を振り込んで貰えるというサービスです。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は

  • ATMから返済
  • 店舗窓口で返済
  • 口座振替で返済
  • インターネット返済

の4つの方法から選ぶ事が出来ます。

プロミスATMと三井住友銀行ATMでの借入や返済は手数料が無料ですが、提携ATMは手数料がかかります。

インターネット返済は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行の口座をお持ちの方であれば、各金融機関のインターネットバンキングを利用して営業時間に関係なく振込み返済ができます。

プロミスの返済期日

プロミスの返済日は5日・15日・25日・末日の中から選択する事が出来ます。

ただし、三井住友銀行とジャパンネット銀行からの口座振替を希望される場合は返済日は5日のみとなります。

プロミスの最低返済額

プロミスの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」という返済方式です。。

残高スライド元利定額返済方式は返済日時点での借入残高(現在借りている金額)によって、返済額が変動する仕組みになります。

最低返済額は以下の表のように決められています。

借入残高 最低返済額
30万円以下 借入残高×3.61%
30万円超~100万円以下 借入残高×2.53%
100万円超 借入残高×1.99%

最低返済額には1,000円未満を切り上げた金額が適用されます。

例えば、10万円をプロミスから借りている場合、10万×3.61%=3,610円となり1,000円未満を切り上げるので4,000円が最低返済額です。

これはあくまで最低返済額ですので、これ以上の金額で返済をしても問題はありません。
経済的に余裕がある場合は出来るだけ多く返済して早めの完済を目指しましょう。

プロミスの在籍確認は?

プロミス在籍確認
申込時に申請した勤務先に申込者本人が本当に働いているかを確認する作業を「在籍確認」と呼びます。

これはプロミスに関わらずほとんどの金融業者が必ず行う作業で、勤務先にプロミスのオペレーターが電話をし、申込者を呼び出すとう作業です。

しかし、勤務先に電話がかかってくる事で「借金をする事がバレる」という理由で在籍確認を嫌う人が多く存在するのも事実です。

中には収入証明書や給料明細をもって在籍確認OKとする金融業者もまれにあるようですが、プロミスは口コミ情報等から見ても電話での在籍確認を行っているようです。

しかし、賃金業法で「第三者に契約の事実を漏らしてはいけない」と定められている為、在籍確認は必ず匿名で行われます。

それでもどうしても会社に借金の事実を疑われたくないと言った場合は、あらかじめオペレーターに相談する事で、在籍確認の電話の時間帯を絞り、その時間帯には必ず会社の電話を申込者が受けるという方法を取るといった事も可能なようです。

しかし必ずしも100%オペレーターがこちらの希望を聞いてくれる訳ではありませんので、予めご注意下さい。

在籍確認なしでお金を借りることはできる!?誰にもバレずにお金を借りる方法

2018.10.19

プロミスのメリット・デメリット

それではここからプロミスを利用する際のメリットとデメリットを具体的に挙げてみたいと思います。

プロミスのメリット

30日間の無利息期間がある

プロミスには30日間の無利息期間があります。

これは、はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレスの登録とWEB明細の利用をしていただける方のみが対象ですが、初回の借入から30日間以内にすべて完済してしまえば利息は0円ですので、とても魅力的なサービスです。

ポイントを貯めて無利息期間を利用出来る

プロミスにはインターネット会員限定で、ポイントが貯めれるサービスがあります。

様々な条件に応じて獲得出来るポイント数が決められており、40ポイントでATM手数料無料サービス、250ポイントで7日間の無利息期間が適用と様々なサービスにポイントを利用する事が可能です。

条件 獲得できるポイント数
ポイントサービスへの初回登録 100ポイント
プロミス会員サービスへのログイン (毎月1回) 10ポイント
プロミスからのお知らせの確認 5~20ポイント
収入証明書の提出 160ポイント
返済日お知らせメールの通知 1ポイント
取引確認メールの通知 1ポイント
パソコン(または携帯)での書面受け取り 1ポイント

プロミスは郵便物が届かない

プロミスを利用したいけど親や家族に借金している事を知られたくない。という人もいるでしょう。

親や家族に借金がバレる大きな原因は郵便物か所持しているカードが考えられます。

しかし、プロミスはインターネットから申し込みを行い、返済方法を口座振替にし、カード郵送希望なしを選択すればプロミスカードが自宅に届かず、親や家族にバレることはありません。

また、カードの利用は借りる際にはネットやプロミスコールからの申請で口座へ振り込んでもらい、返済も口座振替やインターネット返済を利用する事でカードレスでサービスが利用可能です。

即日融資が可能

消費者金融の大きなメリットとして、審査スピードの速さが挙げられます。

もちろんプロミスもご多分に漏れず審査スピードは業界随一の速さを誇っています。

平日の14時までにWEB契約を完了させれば、当日のうちに自分の口座へ振り込んで貰えて即日融資が可能です。

また、平日の14時までに申込が難しいという人でも、無人契約機を使えば20時までのWEB契約完結、22時までのカード発行でプロミスATMか三井住友銀行ATMですぐにキャッシングする事が可能です。

女性専用ダイヤルがある

女性の中には「消費者金融を利用するのが怖い、不安」といった人もいらっしゃるかと思います。

プロミスはそんな消費者金融へのマイナスイメージを払しょくする為に女性専用ダイヤルの「レディースコール」と言われるサービスを提供しています。

これは相談や申し込みなどを全て女性オペレーターが行うもので、女性の利用者に少しでも安心して利用して貰おうというサービスです。

女性でも安心してお金を借りる方法!おすすめのレディースキャッシング3選!

2018.10.06

プロミスのデメリット

利息が高くなりやすい

プロミスは他の消費者金融に比べても最低返済額が安く設定されています。

例えば5万円の利用であれば、最低返済額は2千円になります。

毎月の返済額が少ない為、利用者の負担は減りますが、その分元金が減るのも当然遅くなります。

そうなると利息額はどんどん増額していくので、最終的に他のカードローンより多くの利息を払う事になったという事もあり得るのです。

返済日を自分で決められない

プロミスの返済日は5日・15日・25日・末日のどれかからしか選ぶ事が出来ません。

例えばアコムであれば返済日は申込者本人が自由に指定する事が可能です。

とはいっても月に4日返済日の選択肢があるので特に不便を感じる事はないでしょうが、給料日の関係などでどうしても違う日がいい!という方にとってはデメリットと感じてしまう部分です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

消費者金融の業界最大手の一つであるプロミス。

メリットもデメリットもありますが、メリットの方が多くさすが大手といった感じですね。

借入方法や返済方法も柔軟に用意されており、瞬フリや無料利息期間といった独自のサービスも魅力的です。

初めての消費者金融利用でどこがいいのか分からない!という人もプロミスを選んでおけば間違いはありません。

5万円借りるオススメの方法!今すぐ5万円必要で借りたい方必見!

2018.10.04