アコムでお金を借りる前に知っておくべきこと!審査基準からメリット・デメリットまでご紹介!

アコム

テレビコマーシャルなどの効果もあって知名度抜群の消費者金融「アコム」。

見習いグリーン
は・じ・めて・の!アコッム♪てCMで名前は知っているけど、どんなサービスで、他の消費者金融と何が違うの~?ほじほじ
借りたいブルー
歌へただねグリーン

そこで今回はアコムの審査基準から申込方法、口コミやメリット・デメリットなど徹底的に解説したいと思います!

アコムの審査は甘い?厳しい?審査基準は?

アコム審査基準まず、アコムに申し込むにあたって申込基準をクリアしなければなりません。

その申込基準は、公式ホームページによると
「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」
とあります。

「当社基準を満たす方」というのがいまいちあいまいで良く分かりませんよね?

基本的には20歳以上できちんと働いている人であれば問題なく審査は通ると思われますが、中には審査で落ちてしまう人もいます。

次にアコムで審査落ちしてしまう人はどんな人なのか見ていきましょう。

アコムに審査落ちする人の特徴

アコム審査落ちアコムに審査落ちする人の特徴をいくつか挙げてみます。

過去に金融事故・トラブルを起こしている

アコムはCICやJICCといった、いわゆる「信用情報機関」に加盟しています。

この信用情報機関は個人の加盟店(殆ど金融機関)で、過去にどんな取引をしていたかが全て分かる情報機関です。

消費者金融や銀行、信販会社のほとんどはこの信用情報機関に加盟していますので、申込者が過去や現在にどんな所からお金を借りているか、もしくはクレジット契約を結んでいるかという事に加えて、借入額や毎月の返済状況なども見れてしまいます。

アコムがこの信用情報機関を参照して、申込者が過去に返済の延滞や債務整理等の金融事故を起こしていた場合、まず融資は難しいと言えるでしょう。

あまり知られていませんが、携帯電話の支払い遅延なども信用情報に記載される場合がある(本体価格を月賦で払っている場合等)ので、それが原因で審査に通らないといった事もよくあります。

総量規制に引っ掛かっている

過去に金融事故を起こしてなく、遅延が無い場合でも審査に落ちてしまう場合があります。

その際に考えられるのが「総量規制」に引っ掛かっているという事です。

総量規制とは、賃金業法で定められた法律で、
「貸金業者は個人の年収の3分の1を越える額を貸し付けてはならない」
とされています。

つまり、例えば年収300万円の人が、他社からすでに80万円の借金があり、アコムに30万円の融資を希望しても、総額110万円となって3分の1を越えてしまう事になるのでアコムとしては融資が出来ない状況になってしまいます。

この場合は審査にそのまま落とされるか、限度額を20万円に下げられるかのどちらかになるでしょう。

他社からの借り入れが4件以上ある

金融事故も起こしていない、総量規制にも引っ掛からないのに審査に落ちてしまう場合は、他社からの借り入れが4件以上あるかどうかを疑ってみましょう。

アコムが審査時に信用情報機関を参照し、申込者が他社との契約が4件以上あった場合は審査に通す事は難しいでしょう。

なぜなら、「この人はよっぽどお金に困っている」と判断される基準が「4件」とされているからです。

安定した職業ではない

きちんと働いていたとしてもアコムの審査に落ちてしまう場合は、職業で引っ掛かっている事も考えられます。

アコムの申込条件に「安定した収入がある人」と書いてありますが、逆に安定していないと判断される場合は融資をしてもらう事が難しいと言えます。

安定した職業ではないと判断される職業は、主に下記の通りです。

  • 自営業
  • 芸能人・スポーツ選手
  • 給料が完全歩合制の職業

逆にパートやアルバイトでも「雇われている状態」にあれば融資をして貰える可能性はぐっと高くなります。

年齢が上がり過ぎている

アコムの申込基準には年齢の上限が明記されていません。

しかし、多く見積もっても融資をしてもらえるのは70歳位までと言われています。

年金といった安定した収入があったとしても、70歳を越える人はアコムの審査に通るのは難しいでしょう。

お金借りたいけど借りれない人必見!審査に通りやすい中小消費者金融おすすめランキング!

2018.09.21

アコムの申込方法は?即日融資は可能?

アコム申込アコムに申し込む方法は次の5通りです。

  • インターネット(パソコンやスマホ)から申し込む
  • 店頭窓口で申し込む
  • 自動契約機(むじんくん)で申し込む
  • 郵送で申し込む
  • 電話で申し込む

どの方法で申し込んでも審査基準は変わる事はなく、審査は

  • 氏名や住所
  • 勤務先情報
  • 他社からの借り入れ状況

など総合的に判断され審査が行われます。

また、アコムは他の大手消費者金融と変わらず、即日融資が可能です。

次にアコムで即日融資を実現する為の申込方法をご紹介します。

アコムで即日融資を受ける方法

まずアコムで即日融資を受ける一番の方法は、インターネットで申し込むという事です。
パソコンやスマホ1台あれば簡単にアコムの公式ホームページから申込が可能。

流れとしては、

  1. ホームページから情報を入力して送信
  2. 審査を待つ
  3. 審査がOKだったら必要書類をアップロード(アプリでも可)
  4. インターネット上で契約を完了し、口座へ振り込みを依頼する

という流れです。

これを平日の14時までに完了すれば銀行営業時間の15時までには問題なく振り込んで貰えて、即日融資が実現するという訳です。

しかし、会社勤めの方等は平日の14時までにこの流れを完結させるのは難しいかもしれません。

その場合は、全国に1,000台以上あるアコムの無人契約機(むじんくん)に足を運んで契約しましょう。

原則として夜の10:00までは契約可能で、カードを受け取ったらATMですぐにお金を引き出す事が可能です。

契約に必要な書類

アコムの契約時に必要な提出書類は2種類あります。

まず最初に「身分確認証」があります。これは金額の大小に関わらず、必ず提出しなければいけない書類です。

身分確認証として認められるものは次の通りです。

  • 運転免許書
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

次に、アコムからの借入希望額が50万円を越える場合や、他社との借り入れとアコムからの借入希望額の合計が100万円を越える場合は収入を証明する書類の提出が必要です。

収入を証明する書類は下記の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

これらの書類は過去のものではなく、なるべく最新のものを揃えるように事前に準備しておきましょう。

今すぐお金借りたい人必見!即日対応おすすめカードローン3選!

2018.09.25

アコムの借入方法

アコム借入では実際にアコムの審査に通り、お金を借りるとなった場合、どのような方法で借入が可能なのでしょうか?

一つづつ解説していきます。

インターネット振り込み

一番簡単なのが、アコムの会員専用サイトから自分が指定する口座に振り込んで貰う方法です。

こちらは手数料はかからず、もし楽天銀行をお持ちであれば24時間365日いつでも振り込んで貰えます。

それ以外の口座でも平日の14時までの受付で当日には振り込んで貰えます。

もし土日や平日の14時以降の予約の場合は、翌銀行営業日の振り込みとなりますのでご注意下さい。

電話で依頼する

アコムが用意するフリーダイヤルに電話して口座にお金を振り込んで貰う方法です。

自動応答の「プッシュフォンサービス」の場合で0:10~23:50まで、オペレーター受付の場合で9:00~18:00の時間帯で利用が可能です。

こちらもネット振り込みと同様、平日の14時を過ぎた場合の振り込みは翌銀行営業日の着金となりますのでご注意下さい。

店頭窓口で借りる

アコムの店頭窓口がお住まいの近くにある場合は、窓口に直接出向いてもお金を借りる事が可能です。

しかし、アコムの店頭窓口は土日祝日は休業日で、平日の9:30~18:00までの営業ですのでその時間内しか借りる事が出来ません。

アコムATM

アコムATMとはアコムの自動契約機(むじんくん)に併設されているATMです。

アコムATMの利用時間は8:00~22:00ですが、一部24時間稼働している店舗もあります。
こちらも手数料はかからず、最寄りのATMはアコムの公式ホームページから調べる事が可能です。

提携ATM

アコムは全国の主要銀行ATMやコンビニATMと提携しています。

アコムのステッカーが貼ってあるATMであれば、その提携ATMでお金を借りる事が可能です。

しかし、提携ATMの利用は他の借入方法とは違い、1万円以下で108円、1万円超の利用で216円の手数料がかかってしまうのでご注意下さい。

アコムに在籍確認はある?

アコム在籍確認審査が完了し、融資可能と判断されたら必ず行われるのが「在籍確認」です。

在籍確認とは、申込者が申込時に記入した勤務先で本当に働いているかを調べる為の作業です。

その方法が、貸金業者のオペレーターが個人名を名乗り、会社に電話して申込者を呼び出すという方法です。

この電話で本人が出る、もしくは「席を外している」「本日は休み」といった対応でも在籍確認はOKとなります。

しかし、中には在籍確認が行われる事で、少なからず会社に借金の事実がバレてしまうという不安から在籍確認を嫌がる人がいるのも事実です。

残念ながら、アコムも電話での在籍確認は必ず行っているようです。

しかし、事前にオペレーターに「なるだけバレないようにしてほしい」と伝えるとこで、電話する時間帯を調節してくれるケースも中にはあるようですので、一度相談してみるとよいかもしれません。

アコムの返済方法

アコム返済方法アコムの返済方法はインターネット、提携ATM、店頭窓口、アコムATM、口座引き落としの5つの方法から選べます。

一番オススメなのが、口座引き落としです。

実際に返済するとなると、返済期日を忘れてしまいがちです。

しかし、1日でも返済が遅れると「遅延」扱いになり、遅延損害金が発生してしまいます。

また、遅延が長引くと信用情報機関に登録されてしまい、次の借入が不可能になってしまいます。

提携ATMからの返済の場合は借入の場合と同じく、利用金額によって手数料が発生してしまいますのでご注意下さい。

アコムの返済日は?

アコムの返済日は返済方法によって異なります。

  • 口座引き落としの場合…毎月6日
  • 引き落とし以外の場合…自分で決めた期日、もしくは35日ごとの返済

アコムの返済額はいくら?

アコムの返済は「定率リボルビング方式」が採用されています。

これは、残額に対して一定の割合を掛けて返済額を決定する方式です。

例えば10万円の場合、その割合が4.2%となっていますので、返済額は4200円となり、切り上げで最低返済額は5,000円となります。

アコムの口コミ評判

アコム口コミそれではここでアコムの口コミ評判をみてみましょう。

32歳 男性
アコムはテレビコマーシャルなどの知名度から安心してお金を借りれると思って利用しました。初めての利用でしたが、オペレーターの方が親切に対応して下さり、無事希望額を満額借りれました。

29歳 女性
アコムは女性専用のローンがあるから利用しました。借入前の相談に親身になって乗っていただき、分からない事もこちらが納得するまで説明してくれましたよ。これから頑張って返済しようと思います。

45歳 男性
やはり即日融資というスピード感がいいですね。どうしてもその日にお金の入り用があったのですが、アコムさんが見事に対応してくれ、審査も迅速に行ってくれました。銀行だとこうは行かないので、やはりスピード融資は消費者金融の最大の魅力だと思います。

スピードや親切さ、安心感などが評価されているようですね♪

アコムのメリット・デメリット

アコムメリットデメリットアコムにもメリットとデメリットがもちろん存在します。

ここではそれぞれ詳しく見て行く事にします。

アコムのメリット

アコムのメリットは次の通りです。

即日融資が可能

やはり消費者金融の最大の魅力はスピード融資です。アコムも他の大手消費者金融と同じく、即日融資に対応しています。

「どうしても今日中にお金が必要」といった場合は銀行カードローンでは即日融資は不可能ですので、アコムは最大の味方になってくれます。

無利息期間がある

アコムも他の大手消費者金融と同じく無利息期間が設けられています。

アコムの場合は契約日の翌日から30日以内の完済であれば利息は0円です。

もし30日以内に全額返済が見込めるのであれば銀行カードローンより消費者金融を利用した方がお得になります。

カードローン付きクレジットカードがある

アコムには通常のカードローンの他に、カードローン付きクレジットカードが用意されています。

こちらは別途審査を受ける必要がありますが、キャッシングだけじゃなくてクレジットカードも利用したいという人には有難いサービスです。

アコムのデメリット

アコムのデメリットは次の通りです。

金利が高い

消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも金利が高いのが特徴ですが、その中でもアコムは上限一杯の18%という上限金利を設けています。

プロミスなどは17.8%が上限ですので、わずか0.2%ですが、同じ消費者金融でもアコムは金利が高い部類に属するという事になります。

提携ATMは手数料がかかる

提携ATMのサービスは近くに自動契約機等が無い人にとっては有難いサービスですが、都度利用金額に応じて手数料が発生してしまいます。

一回の手数料は最大でも216円ですが、例えばこれを毎月何年も支払い続けると、まとまった額になってしまいます。

近くにアコムATMが無い人にとっては最大のデメリットといえるかも知れません。

まとめ

ここまでアコムについて詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

やはり大手消費者金融らしく、即日融資や無利息期間を備えている事は大きなメリットですね。

テレビコマーシャルなどでの安心感も業界随一と見受けられます。

口コミなどからオペレーターの対応の良さもうかがえますので、初めての消費者金融で利用が不安という人はアコムに相談されてみてはいかがでしょうか?