自己破産後(1〜5年)でもお金を借りる方法!審査が通りやすい金融会社は!?

自己破産後(1〜5年)でもお金を借りる方法

世の中には消費者金融からお金を借りたいけど借りられないという方がいます。

そのような方の特徴は「過去に金融機関を利用して、その返済の際に何かしらの問題を起こした」という共通項があります。

そのような方で特に自己破産を起こした場合、消費者金融の契約では審査の段階で通りづらくなり、利用ができないと言われています。

では自己破産を起こした方は、一生お金を借りることはできないのでしょうか。

今回は自己破産でもお金を借りられる方法を解説します。

自己破産後でもお金を借りられるってホント?!

消費者金融会社など金融機関の利用で、過去に何かしらの問題を起こした方は、ブラックリスト入りをするといわれています。

金融機関を利用すると、その一連の記録はすべて個人信用情報として、信用情報機関である

  • 日本信用情報機構(通称JICC)
  • CIC
  • 全国銀行協会(通称JBA)

という3つの機関のどれかに履歴が記録されます。

利用者がどの金融会社を利用したか、いつどこでいくら借り入れをしていつ返済をしたか、そして返済の滞納があったかなど、履歴をみればすべてわかるようになっているのです。

記録された履歴はこの3つの機関で共有され、さらに全国の各金融機関がその情報を引き出すことが可能となっています。

そして金融機関はお金借りたいという希望者との契約の審査の時、この履歴を引き出して審査の材料とするのです。

お金借りたい方の個人情報と過去の履歴を照らし合わせ、この方は過去に他社からの借り入れ経験があるか、その場合滞納をしたことがあるか、あるいは自己破産など債務整理の経験があるかなどの情報を引き出して、その情報を元に審査を進めます。

そして未だに他社からの借り入れが完済していない場合などは「返済能力がない」と判断して契約破棄という決断をくだすのです。

一部では信用情報機関に過去の履歴が記録されるということが「ブラックリスト入り」という言われ方をしていますが、正確にいうとブラックリストというものは金融機関の世界には存在しません。

過去の金融機関の利用で問題を起こした、それが信用情報の履歴に残り返済能力がないと判断され借り入れ拒否される、という流れをこの世界では「ブラックリスト入り」、「ブラックリストにのる」と形容しているのです。

自己破産後の方でお金を借りたいと思っている方は、一生お金の借り入れができないわけではありません。

記録された信用情報というものは一生残るものではなく、信用情報機関によって差はありますが記録されてから5~10年で記録が抹消されるという決まりになっています。

そのため自己破産後であっても数年経過すれば、「ホワイトになる」とこの世界でいわれる「履歴が真っさらな状態」になるのです。

では自己破産後の方は、最長で10年待たないと借り入れはできないのでしょうか。

厳密にいうと事故破産後の方にお金を貸してはいけないという法律は存在しません。

金融に関する法律である貸金業法で決められていることは「裁量規制」です。

これは「自分の収入の3分の1以上の金額の借り入れはできない」という規則です。

つまりご自分の収入が借金額より3分の1以上であれば、借り入れは可能ということになっています。

そのためお金借りたいけど自己破産後、という方でも、十分な収入があればお金の借り入れができる可能性があるのです。

自己破産後でもお金を借りられる所まとめ

収入面など一定の条件を満たせば、自己破産の方がお金の借り入れを行うのは法律上では可能でも、やはり自己破産後という過去の履歴は重いペナルティとなります。

自己破産経験者は返済能力がないと見なされ、どこの金融会社でも審査を通過することは難しいと思われているのが現状です。

しかしそんな自己破産後の方でも、お金借りたいという希望がかなう方法があります。

それは大手の有名金融機関ではなく、中小の消費者金融会社を利用することです。

中小の金融会社は大手に比べて審査の基準が優しく設定されている場合が多いです。

このような会社が審査において重要視することは「過去のことはともかく今現在は定期的な収入があって返済能力があるのか」という点です。

それさえクリアすれば審査が通りやすくなり自己破産後でも借り入れが可能となるのです。

ただし大手の会社は、審査で身分証明書だけ提示すればOKという会社も多いですが、中小の金融会社は今の収入面が安定しているのかを重要視するために、収入証明書も用意しなければいけません。

自己破産後でも審査が通りやすい金融会社

では、自己破産でも審査が通りやすい金融会社を幾つか紹介します。

フクホー

大阪の中小消費者金融会社であるフクホーは、自己破産など債務整理の経験が1年以内でも融資可能と評判を得ている会社です。

大手の会社は過去の履歴などデータを見て審査の基準としますが、フクホーは借り入れ希望者の人間性を見て審査の基準とします。

最低限の必要書類の提示はありますが、過去の事故に関しては柔軟な姿勢を見せるのがフクホーの特徴です。

アロー

名古屋の消費者金融会社であるアローは、大々的に「過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい」とうたっている会社です。

消費者金融会社としては新しい会社に入る部類なので、新規顧客獲得に力を入れているためか、審査基準も柔軟な設定になっています。

そのため自己破産から1年以内でも、その履歴を重要視せず、利用希望者の現在の収入と返済能力で判断します。

会社のキャッチコピーのように自己破産の方もご相談を、とアピールしているので自己破産の方でも審査が通る可能性が高い会社といえるでしょう。

審査は最短で45分ほどで終わり、審査が終了すれば最大限度額200万円まで借り入れが可能となります。

セントラル

セントラルは、愛媛県に本社を置き、主に四国、中国地方を中心に営業をしている中小の消費者金融会社です。

中小とはいえ近年では東京、埼玉、神奈川に無人契約コーナーを設け全国展開をしており、ほぼ大手並みの営業展開をしている創業40年以上の会社なのです。

セントラルも過去の金融トラブルは重要視せずに、独自の審査基準で審査をします。

1年以内の自己破産経験者でも、優しく融資可能な対応を見せるのが、セントラルの特徴です。

女性のアルバイト、パートの方でも利用可能なサービスも用意されています。

ライフティ

ライフティは新宿歌舞伎町に会社を構えるキャッシングとクレジットを扱う会社です。

借り入れ金額は1,000円から可能で限度額は高額の500万円という設定です。

審査対象は自己破産経験者だけでなく、アルバイトやパート、派遣社員や主婦、個人事業主の方など大手では借り入れの審査が厳しい方も、柔軟に審査対象となっている点が特徴です。

自己破産者に対しての審査は破産後から5年後の方は審査に柔軟といわれています。

また返済の期間が35日サイクルであったり、借入残高に比例して定期的な返済額が減る方式など、大手と変わらないサービスが行き届いているのもライフティ利用のメリットです。

スペース

スペースは、大阪に店舗を構える中小消費者金融会社です。

大阪という独特な文化のある都市の会社であるために、独特な審査基準が一部で話題となっています。

基本的には他社の中小金融会社と同様に、過去の自己破産、滞納などのブラックの材料は審査の基準とならずに、あくまで今の返済能力を重要な要素として審査をするそうです。

そして他社から複数の借り入れをしている方は、おまとめローンで審査をすすめるという、人によって臨機応変に対応する営業方針を行っています。

また審査では、ブラック扱いの方にはお金の借り入れ以外の個人的な情報も色々と聞いてくるそうです。

例えば喫煙者であるか、車は所有しているか、所有している場合は車の車種は何か、お酒は飲むのか、などが質問事項の一部だそうです。

それらのことが審査基準にどのように影響しているのかは不明ですが、大阪らしい人情味あふれる審査を行うのがスペースの特徴です。

以上、自己破産でもお金を借りる方法を紹介しましたが、自己破産後でもお金を借りることは法律上は違法ではありません。

数多い金融機関の中には借り入れを受け付けているところもあるので、諦めずに探すことが大切です。