教育ローンは国と銀行どっちがおすすめ?奨学金との違いも比較!

教育ローンについて

少子化が進み、定員割れする大学が増えるなか、以前よりも多くの学生が大学進学の選択をするようになりました。

そこで親として気になるのは、実際に教育費用を払えるかどうか・・。

今回は、賢い教育ローンの借り方を徹底検証!

国の教育ローンと民間の教育ローンの比較や奨学金との違い、おすすめの教育ローンなどを紹介していきます!

教育ローンとは

貯金箱と教科書

教育ローンとは、教育に関する費用に限定し、銀行などの金融機関が教育資金を融資してくれるというもの。

子どもが教育を受けるために必要になる資金に限定されているため、余ったお金を車の購入や生活費にあてることは出来ず、金融機関によっては、使用した金額や用途が分かる書類(納付書や領収書など)の提出を求められることもあります。

使い道が限定されていることで、フリーローン(多目的ローン)に比べて金利を低く設定されているのが特徴です。

教育ローンは、「国の教育ローン」と「民間銀行の教育ローン」の2つに分けることができます。

国の教育ローン

国の教育ローンは、100%政府が出資している政策金融機関「日本政策金融公庫」がおこなう教育一般貸付のこと。

以前までは郵便局など複数の国の教育ローンがありましたが、現在では国の教育ローンというと、日本政策金融公庫の教育一般貸付のみとなっています。

民間銀行の教育ローン

民間銀行の教育ローンとは、三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの都市銀行をはじめ、地方銀行、信用金庫、労働金庫などが行っている教育に関する費用に限定した融資のことです。

フリーローンの審査基準は?メリット・デメリットまでご紹介!

2018.09.06

教育ローンと奨学金の違い

大学進学の際、奨学金を選択する学生もいるかと思いますが、教育ローンと奨学金は何が違うのでしょうか?

教育ローンは保護者が借りて保護者が返済するのに対して、奨学金は子どもが借り、子どもが返済するもの。

奨学金は、教育ローンとは異なり、学生が大学や高校などを通じて申し込む必要があり、卒業後に学生が奨学金の返済をします。

保護者は連帯保証人になる必要はありますが、奨学金の受取から返済までの責任は、全て子どもが担うのが特徴です。

奨学金の種類

奨学金で一番有名なのが日本学生支援機構。
日本学生支援機構の奨学金制度は、下の2種種があります。

  • 第一種奨学金(利息なし)
  • 第二種奨学金(利息上限3%)

第一種奨学金は、学力基準と家計基準があり、これらを満たし、審査に通った優秀な生徒へ支払われるもの。
高校の時点で申し込む場合は、高校1年生~申し込み時期までの評定平均が5段階評価で3.5以上が必須条件となります。

家計基準は「家計の支持者1名の収入金額が950円以下」。
共働きの家庭は、父親1人の収入金額が対象金額となり、母親の収入が加算されることはありません。

この2つの基準を満たせば奨学金に応募することができます。
ただ、応募したからといって必ず受け取れるというわけではありません。

奨学金には募集枠というものがあり、原則として低所得の家庭で学力が優秀な学生が優先して受け取れるようになっています。

一方、金利負担のある第二種奨学金は、学力基準はなく、家計基準の「家計の支持者1名の収入金額が1300万円以下」を満たしていて、学習する意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められた学生が対象になります。

奨学金の支給額

日本学生支援機構の奨学金の場合、平成30年度以降入学者の貸与月額は以下のようになっています。(複数の金額が設定されている場合は、いずれかを選択できます)

第一種奨学金の支給額
  • 国公立/自宅通学の場合:月額20,000円/30,000円/45,000円
  • 国公立/自宅外通学の場合:月額20,000円/30,000円/40,000円/51,000円
  • 私立/自宅通学の場合:月額20,000円/30,000円/40,000円/54,000円
  • 私立/自宅外通学の場合:月額20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/64,000円
第二種奨学金の支給額

月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)

※1 私立大学の医・歯学の課程の場合、120,000円に40,000円の増額が可能。
※2 私立大学の薬・獣医学の課程の場合、120,000円に20,000円の増額が可能。

第一種奨学金の魅力は、何と言っても利息が発生しないということ。
そのため、利用できるのであれば、利用したいものです。

ただ、第一種奨学金は、支給される月額がさほど多くないために、第一種奨学金を受け取っている学生の多くが第二種奨学金と併用している場合がほとんど。
高額な金額を背負って長い期間返済に追われている学生も少なくありません。

社会人1年目の初任給が安い頃から奨学金の返済に追われると、金銭的・精神的にも負担が大きくなってしまうため、できることなら、奨学金と教育ローンを上手く組み合わせる方法がおすすめです。

母子家庭でお金がない人必見!シングルマザーがお金を借りる方法!

2018.10.12

国の教育ローンと民間の教育ローンはどう違う?

では次に、国の教育ローンと銀行などの民間の教育ローンの違いを詳しく見ていきます。

申込条件

国の教育ローンを申し込む際の条件に、世帯の年間収入の上限が以下のように決められています。

  • 子ども1人の場合:世帯の年間収入790万円以内
  • 子ども2人の場合:世帯の年間収入890万円以内
  • 子ども4人の場合:世帯の年間収入1090万円以内
    ※この金額は子どもが一人増えるごとに100万円/増していく

対象になるのは、同一世帯で、同一生計全員の年収です。

共働きの場合は父母の収入を合算し、兄弟姉妹・祖父母・学生本人が働いている場合はその収入も合算します。国の教育ローンは、年収の上限は決められているものの、下限がないのも特徴です。

一方、民間の教育ローンは、年収が高い方が、返済のリスクを抑えられることもあり、申し込み条件に、年収上限は定められていません。

また、確実に返済できるかどうかを見極めるため、国の教育ローンと異なり年収の下限を設けている金融機関がほとんどです。

限度額

国の教育ローン融資限度額は、子ども1人に対して350万円(海外留学資金の場合450万円)と決められている一方で、民間の教育ローンの融資限度額は10万円~500万円と金融機関によって幅があり、中には1,000万円~3,000万円といった高額なローンもあります。

もちろん、申込者ごとに融資額が決まるため、全ての金額を受け取ることが訳ではありません。

金利

国の教育ローンの金利は、1.76%(※2018年11月現在)。

それに対して民間の教育ローンは1.7%~3.9%。

中には民間の方が低金利となっている金融機関もありますが、ほとんどが国の教育ローンの方が低金利となっています。

何より、国の教育ローンの魅力は「固定金利」であるということ。
民間の教育ローンで1.7%の商品があったとしても、固定金利はまずなく、ほとんどが変動金利なので、金利が上がる可能性は十分にあります。

一方、国の教育ローンなら、1.76%という低金利がずっと続くわけですから、とても魅力的です。

審査に要する時間

国の教育ローンの審査は、申込み後最短10日前後で通知が届き、融資までの期間は最短で20日とされています。

民間の教育ローンは、早ければその日のうちに結果が分かり、融資まで最短で2営業日という金融機関もあります。

そのため、急ぎで教育資金が必要な場合は、民間の教育ローンを検討した方がよいかもしれません。

国からお金を借りる方法は!?国の融資制度の条件を知っておこう!

2018.09.18

日本政策金融公庫教育ローンのメリット・デメリット

国の教育ローンと民間の教育ローンの違いが分かったところで、それぞれのメリット・デメリットをまとめて比較してみます。

日本政策金融公庫教育ローンのメリット

金利が低い

日本政策金融公庫教育ローンは、金利が低いのが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

2018年11月現在の金利は1.76%で2019年の5月まで据え置きが確定しています。

実際に、民間の金融機関で教育資金を借りると利息にどれほどの差があるか計算してみると一目瞭然です。

300万円を返済期間10年で借りる場合
  • 日本政策金融公庫…金利1.76%
    ⇒利息は528,000円、総返済額3,528,000円
  • 民間教育ローン
    (三井住友銀行)…金利2.975%(有担保型)の場合
    ⇒利息は892,500円、総返済額3,892,500円
    金利3.475%(無担保型)の場合
    ⇒利息は1,042,500円、総返済額4,042,500円

在学中は元金据え置き・利息のみの返済も可能

民間の教育ローンは借りた翌月から返済が始まることは多い一方で、日本政策金融公庫の教育ローンは元金の返済を据え置き、利息のみの返済も可能です(据置期間は返済期間に含まれます)。

日本政策金融公庫教育ローンのデメリット

借入限度額が350万円

日本政策金融公庫の教育ローンで融資してもらえる限度額は350万円。

これは民間よりも低くく、これ単体では足りないというケースも出てきます。

審査に時間がかかる

日本政策金融公庫の場合、審査結果が分かるまでに最短10日かかると言われています。

合格発表の時期の1月~3月はさらに時間がかかる可能性が高く、申込みが直前になってしまうと、入学金の振込までに間に合わなくなってしまうこともあります。

日本政策金融公庫の教育ローンはいつでもキャンセルできるので、支払いが必要な2~3か月前頃の早めに申し込んでおいた方がよいでしょう。

年収制限がある

日本政策金融公庫の教育ローンには世帯年収に上限が設けられており、子ども1人の家族の場合、世帯年収の条件が790万円以内でなければ利用できません。

民間教育ローンのメリット・デメリット

民間教育ローンのメリット

借入限度額が高い

民間教育ローンの魅力は、限度額が高く設定されているという点ではないでしょうか。金融機関によって額は異なりますが、多いところでは1,000万円~3,000万円というところも。県外の私立大や、医学部などに進学する場合、日本政策金融公庫の教育ローンでは足りない場合があるため、多くの資金が必要な人には便利です。

審査が速い

民間の教育ローンは、早ければその日のうちに審査結果が分かり、最短で2営業日には融資が開始されるという金融機関もあります。そのため、国の教育ローンの審査が通らず、早急に支払いが必要になってしまった場合などには便利です。

民間教育ローンのデメリット

金利が高い

民間の教育ローンの金利3.0%前後が多く、金利が高いのが難点。

借入金額が高くなるとその分利子も高くなってしまうので、可能であれば奨学金と組み合わせるなどして利用する方がよいでしょう。

借りた翌月から返済が始まることが多い

日本政策金融公庫の教育ローンは元金の返済を据え置き、在学期間中は利息のみを返済することが可能ですが、民間の教育ローンは、借りた翌日から返済が始まる場合がほとんど。

年の近い子どもが何人かいる場合、その分家計を圧迫してしまいます。

国と銀行の教育ローンどちらがおすすめ?

ここまで国の教育ローンと銀行の教育ローンを比較してきましたが、どちらがおすすめかと言われれば、やはり国の教育ローンではないでしょうか。

なぜなら、利子が1.76%と低く固定金利だから。

条件を満たすことができれば、利息を最低限に抑えて安心して借り入れることができます。

ただ、限度額が350万円なので、足りない場合が出てきます。
その場合は、利子のつかない奨学金も存在するので、併用を検討してみるとよいかもしれません。

【最新】カードローンおすすめランキング!低金利・審査・即日など目的別に徹底比較!

2018.11.28

まとめ

今回は、国の教育ローンと民間の教育ローンの比較、奨学金との違いについて詳しくみてきました。

詳しく違いを見てみると、やはり国の教育ローンの方がおすすめでした。

国の教育ローンは申し込み後キャンセルすることもでき、入学前の場合、志望校が決まっていれば申し込むことができます。

そのため、支払い時期の2~3ヵ月前には申し込んでおくようにするとよいですね!

お金がない時の対処法は?金欠解消におすすめの方法をご紹介!

2018.09.26