アイフルでお金を借りる方法!審査は厳しい?在籍確認は?

アイフル

大手消費者金融のアイフルでお金を借りようと検討している方にアイフルの申込み方法や審査で必要な在籍確認、金利や限度額、返済方法などについて紹介します。

アイフルを利用するメリットやデメリットも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

アイフルの申し込み方法

アイフルに申し込む際に利用することができる方法は全部で3つあります。

店頭窓口

1つ目は店頭窓口での申込です。

アイフルの店舗には契約ルームが設けられており、担当者と直接話をしながら申し込みをすることができます。

店頭であればわからなこともすぐにその場で聞くことができるので便利ですし、審査が終了しカードを受け取ると即日融資も可能となっています。

ネット申込

2つ目はインターネットでの申し込みです。

インターネットならパソコンやスマホ、携帯電話などから24時間いつでも申し込むことが可能で、審査結果やその後の手続きについてはメールや電話でやり取りを行います。

インターネットで申し込みをした場合のカード受け取りは後日自宅へ郵送をしてもらうかアイフルの店舗に受け取りにいきます。

電話

3つ目は電話による申し込みです。

アイフルでは初めてアイフルを利用する人のための初めてのお客様専用ダイヤルや女性専用のダイヤルを用意しています。

電話での申し込みに不安を感じる人にも丁寧な対応で様々な疑問などを解消してスムーズに申し込みができるようになっています。

特に女性専用ダイヤルはオペレーターが対応してくれるので、初めて消費者金融でキャッシングをするという女性でも安心して申し込むことができるのではないでしょうか。

アイフルの審査は厳しい?在籍確認は?

アイフルの貸付条件は満20歳以上69歳未満の定期的な収入と返済能力があり、申し込みをするとこの条件を満たしているかどうか審査が行われます。

アイフルの審査は銀行カードローンに比べると比較的優しいもので、雇用形態も正社員に限らず派遣社員やパート、アルバイトなど幅広く貸付を行っています。

ただし、他社からの借り入れ額が多い、過去に金融事故を起こしているという場合はアイフルの診査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また無職や専業主婦、20歳未満、69歳以上の場合は貸付対象外となることから申し込みをしても審査に通る可能性は限りなく低いです。

アイフルでは公式ホームページで事前に借り入れが可能かどうか1秒で診断することができるフォームがあります。

年齢、雇用形態、年収、他社借り入れ金額を入力すると1秒で診断することができるので申し込みをする前に利用してみてはいかがでしょうか。

アイフルでは申し込みが行われるとすぐに勤務先への在籍確認が行われます。

勤務先に個人名を名乗り、申告された企業などに本当に勤務しているかを確認して収入の有無や返済能力などを判断するためにキャッシングをする上で在籍確認は欠かせないものですが、中には個人名であっても勤務先に電話が入るのは不安だと感じる人もいるのではないでしょうか。

そこでアイフルではそういった不安を解消することができるように電話以外の在籍確認を用意しています。

在籍確認の方法は原則として電話となっていますが、アイフルでは社員証や社会保険証、給与明細などを用意することで在籍確認をしてもらうことができ、在籍確認の電話を避けたい場合は、勤務先を証明することができる書類を用意しましょう。

アイフルの金利・限度額は?

アイフルでお金を借りる際にしっかり確認しておかなければならないのが金利についてです。

アイフルの実質年利は3.0%から18.0%となっており、基本的には借り入れ金額が低ければ低いほど高い金利が適用されることから多くの場合18.0%が適用されています。

例えば10万円を18.0%で借りて1年で返済をすると、返済総額は109,106円となります。

適用される金利は借り入れ限度額や審査内容によって異なることから、借り入れの前にしっかり確認しておきましょう。

アイフルでは最高限度額を800万円としています。

消費者金融の場合、総量規制の対象になっていることから800万円を借りるためには最低でも年収2400万円が必要となることからあまり現実的な限度額ではないという人もいるのではないでしょうか。

アイフルではおまとめローンなどにも対応していることから最高限度額も高めに設定されています。

ただしこれはあくまでも極度額であり、一般的には50万円から100万円となることが多いようです。

またアイフルでは初めてだからという理由で限度額が低く設定されることはなく、収入の多さや返済能力によって限度額が決定されます。

例えば、年収が高い、収入の安定度が高い、個人属性が高い、大企業の社員や公務員、30代から40代の働き盛りの場合は限度額が高くなる傾向にあり、逆に言えば年収が少ない、収入の安定度が低い、個人属性が低い、アルバイトやパート、年齢が若い、高いという場合は限度額が低く設定される傾向にあります。

アイフルの返済方法

アイフルの返済方法は全部で5つあります。

ライフスタイルに合わせて返済方法を選ぶことができるのもアイフルの魅力の1つです。

中でも便利に利用することができるのがアイフルのATM、提携ATM、そしてコンビニATMです。

ATMの営業時間内であればいつでも自由の返済をすることができます。

ただしアイフルのATMを利用する場合は返済に関する手数料はかかりませんが、提携ATMやコンビニATMの場合は所定の手数料がかかります。

この他にもアイフルでは店頭での返済や振込での返済、そして口座振替での返済があります。

アイフルの返済は約定日制とサイクル制から選ぶことができます。

約定日制

約定日制は都合に合わせて毎月一定の返済日を指定することができる返済方法です。

返済期日までの10日間が返済期間となっており、例えば7月20日に返済をすると次回の返済期間は8月13日から8月25日となります。

返済期間よりも前に入金をしてしまうと次回返済期間は更新されないので注意が必要です。

サイクル制

サイクル制は返済日の翌日から35日後が次回返済日となる方法であり、サイクル制の場合は返済期日の前であればいつでも返済が可能となっています。

また追加で借り入れをしても返済期日が変更になることはありません。

アイフルの解約方法

アイフルでは借りたお金を全額完済するとカードの解約をすることができます。

基本的にアイフルの公式ホームページなどでは解約につれて触れられておらず、アイフルの公式ホームページでは一括返済の後に契約書をどうするかという部分にしか触れられていません。

どうやって解約をすればいいのかわからない、そもそも解約をすることができるのかと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

基本的にアイフルでは、解約を申し出ない限り契約はずっと続いていきます。

ただし、申し出ることで解約をすることができるので完済後の解約を考えているという人は参考にしてみてください。

アイフルで解約をする場合、2つの方法があります。

店頭窓口

まず1つ目は店頭窓口での手続きです。

平日10時から18時の間にアイフルの店頭に出向き手続きを行うのですが、解約手続きをする店舗に事前に電話連絡を入れておくとスムーズに手続きが進みますし、手続きで必要な本人確認書類や印鑑、アイフルのカードなども忘れないようにしましょう。

電話解約

もう一つの方法は電話での解約です。

アイフルには返済などの相談を行うことができる会員専用ダイヤルがあり、解約も会員専用ダイヤルで受け付けています。

会員専用ダイヤルに電話をして会員番号もしくは名前、生年月日などを伝えて解約を申し出ましょう。

電話での解約の場合は契約書などの書類のやり取りについても確認をしておくようにしましょう。

契約書などの書類は電話で解約をした場合店頭に取りにいくか自宅に郵送してもらうか、アイフル側で破棄してもらうか3つから選ぶことができます。

カードはアイフルに返却する必要はなく、はさみを入れて自分で処分できます。

また解約したことを証明する書類が必要な場合も発行してもらうことができます。

アイフルのメリット・デメリット

アイフルを利用する際は必ずメリットだけでなくデメリットも確認しておきましょう。

アイフルのメリット

アイフルのメリットとして魅力となっているのが融資スピードです。

アイフルでは土日祝日を含めて審査は最短30分で完了します。

審査スピードが早いので即日融資にも対応しており、急な資金調達でも便利に利用することができます。

また即日融資などすぐに融資が必要な人向けにアイフルではお急ぎ専用のフリーダイヤルがあり、アイフルに申し込んだ後にお急ぎ専用フリーダイヤルに電話をすると優先して審査を進めてもらうことができるので借り入れまでの時間を短縮することができます。

この他にもアイフルでは30日間の無料利息期間を設けており、契約日から30日間は無利息で利用することができます。

アイフルのデメリット

アイフルのデメリットとして考えられるのがカード利用時の手数料です。

アイフルのATMは手数料無料で返済を行うことができますが、コンビニATMや提携ATMなどの場合は所定の手数料がかかります。

返済の度に手数料がかかることになるので負担に感じる人も多いのではないでしょうか。

またアイフルは消費者金融であり、貸金業法が適用されていることから自身に収入のない専業主婦の場合は申し込むことはできません。

まとめ

アイフルではすぐにお金を借りたいという人のためにお急ぎ専用フリーダイヤルを用意しているなどスピード融資に対応しています。

返済の際の手数料が気になるという場合はアイフルの店頭やATM、口座振替などを選ぶことで手数料をかけずに返済をすることができるので、選択肢は豊富にあります。

メリットやデメリットをしっかり確認してアイフルを活用しましょう。