三井住友銀行カードローンの審査前に知っておきたいメリット・デメリットとは?

三井住友銀行カードローンバナー

三井住友銀行カードローンは、日本3大メガバンクである三井住友銀行(SMBC)が運営していることもあり、信頼性が高く、利用者が安心できることから大変人気があるカードローンです。

今回は、そんな三井住友銀行のカードローンを利用検討している方の為に審査前に知っておくべき情報(金利、審査基準、返済方法など)をご紹介したいと思います。

三井住友銀行カードローンの特徴

見習いグリーン
そもそも三井住友銀行カードローンには、どんな特徴があるの?
借りたいレッド
三井住友銀行カードローンの特徴を表にまとめたぞい!
金利年4.0% ~ 14.5%
借入限度額10〜800万円
申込条件
  • 申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる方
  • 借りたお金の使い道が事業性資金以外の方
審査時間最短翌営業日
※本人確認書類提出後、最短翌営業日の回答
融資時間
口座開設普通預金口座をお持ちでなくても申込可
即日融資不可

特徴としては、借入限度額が800万円までとなっています。

また、金利についても銀行カードローン系ならではの金利ですね。

★他社比較★

金融機関名金利最高限度額
三菱UFJ銀行1.8% ~ 14.6%500万円
楽天銀行1.9% ~ 14.50%800万円
オリックス銀行1.7% ~ 17.8%800万円
三井住友銀行4.0% ~ 14.5%800万円
みずほ銀行2.0% ~ 14.0%800万円
ジャパンネット銀行2.5% ~ 18.0%1,000万円
住信SBIネット銀行0.990% ~ 14.790%1,200万円

一般的に、カードローンの金利の相場が

  • 消費者金融のカードローン:年利5~18%程度
  • 銀行カードローン:年利3~15%程度

上記のようになっていますので、三井住友銀行カードローンは最低金利が相場よりも少し高め、最高金利が若干低めといったところですね。

金利を考えると少額を借りる予定であれば、他社からの借入を選択することをオススメします。

逆に高額の借入であれば、最高金利が年14.5%と他社と比べても低めの金利なため、メリットがあります。

融資のスピードについては、審査結果から振込までトータルで最短でも2日程度はかかるため、即日融資は不可です。

それでも、銀行によっては1週間~10日程度時間がかかるケースもありますので、比較的早めに融資を受けられますね。

低金利

低金利でお金を借りる方法!金利が安いオススメ銀行カードローンもご紹介!

2018年10月3日

三井住友銀行カードローンの審査基準は甘い?厳しい?

見習いグリーン
メガバンクのカードローンってことは、一般的な銀行カードローンよりも、三井住友銀行カードローンの審査は厳しいんじゃないの?
借りたいレッド
では手始めに、申込条件を見てみようぞ!
三井住友銀行カードローンの申込条件
  • 申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる方
  • 借りたお金の使い道が事業性資金以外の方

上記のようになっています。
印象としては、特別厳しそうな条件はありません。

前述したように、三井住友銀行カードローンは相場よりも、最低金利が少し高めで、最高金利が若干低めです。

また、65歳以下に年齢制限をしている銀行カードローンが多い中で、三井住友銀行カードローンは、比較的高めの69歳までという年齢制限を掛けてくれています。

これらを鑑みると、借入金額が少なければ比較的柔軟な審査をしてくれることが推測できるのではないでしょうか。

金融機関名年齢制限
楽天銀行62歳まで
三菱UFJ銀行64歳まで
千葉銀行64歳まで
足利銀行64歳まで
みずほ銀行65歳まで
オリックス銀行65歳まで
三井住友銀行69歳以下
福岡銀行69歳まで

しかし、申込条件にも書かれているように、申込対象者は「原則安定した収入」となっています。

楽天銀行や福岡銀行のように、パート・アルバイト・年金受給者OKとまで大々的にHPで謳っていません。

安定した収入があればパート・アルバイトなどの非正規雇用者でも、条件を満たせば審査に通る可能性がありますが、パート・アルバイト・年金受給者OKを公言していない為、申込条件としては受け入れてはいるものの、審査が厳しい傾向にあると推測が出来ます。

これらの情報から得られることとしては、金利・年齢制限だけを見ると、少額の借入であれば、審査基準は三井住友銀行カードローンの審査は、比較的甘めの部類かもしれません。

しかし、申込条件にもあるようにパート・アルバイト・年金受給者OKを公言していない為、非正規雇用の方には、審査が厳しめになることが想定できます。

>>審査甘めのおすすめカードローンランキング

三井住友銀行カードローンの申込から融資までの流れ

見習いグリーン
三井住友銀行カードローンの申込から融資までは、どんな流れになるの?

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座を持っていない場合は、WEB完結が出来ません。

すべての方が三井住友銀行の口座を持っているわけではありませんので、三井住友銀行の普通預金口座を持っていない場合の「申込から融資までの流れ」を簡単にフローにしました。

三井住友銀行カードローンの申込から融資までの流れ三井住友銀行カードローンの申込から融資までの流れ

三井住友銀行の普通預金口座を持っている場合

三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方は、インターネット上ですべての契約手続きを完結できます。

WEB完結を利用するとローン契約機に行く手間がかからないため、三井住友銀行の普通預金口座を持っている方はWEB完結を利用することをオススメします。

また、記載したフローのように、三井住友銀行の普通預金口座を持っていない方の場合は、カードローンの審査終了後に、ローンカードが発行されます。

しかし、三井住友銀行の普通預金口座を持っている方の場合は、ローンカードが発行されません。

カードローンの審査終了後に、お手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が付きますので、すぐに借入が可能となります。
※希望すれば、ローンカードを発行しての利用も選ぶことも可能です。

三井住友銀行カードローンバナー

三井住友銀行カードローンの返済方法

見習いグリーン
メインバンクだから利便性は高そうな印象があるけど、三井住友銀行カードローンの返済方法はどんな方法があるの?

確かにカードローンの返済方法は当然、気になるところですね。
早速、見てみましょう!

三井住友銀行カードローンの返済方法

提携ATMからの返済

提携ATMからの返済の場合は、下記のATMを利用して返済する方法です。

  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM※セブン銀行ATM、イーネット(ファミリーマート)、ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM

基本的に、どこにでもあるコンビニATMからも利用が可能です。また、返済時の手数料もすべて無料となっています。

他社のカードローンの場合、提携ATMの利用時に108~216円の手数料が掛かる場合がありますので、無料で使えるのはありがたいですね。

注意点
三井住友銀行のキャッシュカードを使って返済を行う場合は、ゆうちょ銀行ATMが利用できませんのでご注意ください!

指定口座への振込

指定口座(三井住友銀行の口座)にお金を振り込んで返済する方法です。

振込元の金融機関、振込方法、振込の時間帯によっては手数料がかかってしまうため、あまりオススメはしません。

口座引落

三井住友銀行の口座を持っている場合のみ利用可能です。指定の返済日に毎月自動で返済金額が引落される為、非常に管理が楽です。

また、提携ATMからの返済と同様にこちらの返済方法も手数料はかかりません。

返済日は、以下の日付からの選択となります。

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 月末

※引落日が土日・祝日の場合は、翌営業日に繰越となります。

繰り上げ返済を行う場合

お金に余裕があれば好きな時に随時、繰り上げ返済が可能です。

繰り上げ返済方法は、「提携ATMからの返済」または「指定口座への振込」からの選択になります。

ただし、通常の返済と同様に「指定口座への振込」を利用すると振込元の金融機関、振込方法、振込の時間帯によっては、手数料がかかります。

1回の手数料は、108~216円と小さな金額かもしれませんが、積み重なると大きな額になります。

繰り上げ返済をする際も、手数料無料で利用できる「提携ATMからの返済」がオススメです。

※繰り上げ返済は、すべて元金の返済に充てられます。
利用すれば完済が早まる為、お金に余裕がある時は積極的に利用しましょう。

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

最後に、三井住友銀行カードローンのメリットとデメリットを見ていきましょう!

メリット

①消費者金融よりも比較的低い金利で借入が出来る

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0~14.5%です。
消費者金融のカードローンの金利相場が年5~18%程度ですので、消費者金融のカードローンよりも、比較的低い金利で借りることが出来ます。

②手数料無料で利用できるATMが多く、利便性が高い

メインバンクというだけあって、身近にあるコンビニに提携ATMがある為、返済も借入も手数料無料で利用が可能です。利便性も申し分ないですね。
※ゆうちょ銀行ATMを手数料無料で利用できるのはメガバンクの中で唯一、三井住友銀行カードローンだけです。

③三井住友銀行の普通預金口座は不要

例えば、みずほ銀行カードローンなどは、みずほ銀行の口座を持っていないと利用できないという条件があり、利用時には口座開設が必要になります。そういった手間を省き、すぐにカードローンへ申込めることはメリットです。

④ローン契約機でカード発行が出来る

実は、消費者金融とは異なり、銀行の中で自社の自動契約機を設置しているのは、「三井住友銀行カードローン」と「三菱UFJ銀行カードローンのバンクイック」のみです。

デメリット

①振込キャッシングサービスがない

三井住友銀行カードローンでは、指定口座にお金を振り込んでもらう「振込キャッシングサービス」ができません。他社では、一般的に行われているサービスが利用できないという点は、デメリットです。
※借入方法はATMでの引出し、インターネットバンキング、自動融資のみとなります。

②インターネットバンキングからの返済ができない

三井住友銀行の普通預金口座を持っていれば、インターネットバンキングで借入をすることは可能でが、返済時はインターネットバンキングを利用することが出来ません。ご注意ください。

カードローン,おすすめ

【最新】カードローンおすすめランキング!低金利・審査・即日など目的別に徹底比較!

2018年11月28日

まとめ

以上、三井住友銀行カードローンは、メインバンクならではの信頼性があり、非常に人気が高いカードローンです。

ほかにも、提携ATMでの返済は手数料無料で行えることや、消費者金融よりも比較的低い金利で借りられるなど、多くのメリットがあります。

日本を代表するメガバンクのカードローンというだけあって、さすがと言ったところですね。

銀行カードローンをお考えの方は、候補の一つとして三井住友銀行カードローンを検討されてみてはいかがでしょうか?

>>TOPに戻る