学生がお金を借りる方法!未成年でも親バレしないで借りられる!?

学生がお金を借りる方法

ローンは用途や借りる人向けに色々なプランがありますが、未成年を含めた学生が借りることを前提としている学生向けのローンもあります。

一般的なローンとほぼ同様なものですが、借りるための条件が学生でも満たせるので、学生が借りやすくなっています。

学生がお金を借りる方法

お金を借りるには、基本的に就職などで一定の収入がある社会人である必要がありますが、社会人以外に向けたお金を借りる方法もあります。

学生ローンと言われているものも、定職を持つ社会人以外がお金を借りる方法の1つです。

その名の通り学生向けのローンである学生ローンは、一般的なローンよりも審査や借入額の差がありますが、条件を満たしていると他のローンよりも審査が甘い傾向があり、借りやすいローンです。

使いやすくてもローンはローン

学生ローンの利用には学生であることが絶対条件ということもあり、審査も甘めではあるものの、お金を借りる方法としては一般的なローンと全く同じです。

借り入れに対しては利息がつくので、利息と元金の返済を続けていくことになります。
利息は通常のローンと大差ないことが多く、仮多額が多ければ多いほど、利息負担も大きくなります。

支払いが滞れば責任を問われることになるので、学生向けだから安心だと考えていると、人生を狂わされる結果になりかねないものです。

自己管理ができるなら便利な学生ローン

リスクもある学生ローンですが、収入と収支を管理できるのならとても便利なものです。

頼り切らない、金銭面の自己管理をすることが徹底できるのなら、学生ローンは困った時に切り抜ける方法として十分役に立ちます。

学生ローンとは

学生ローンとは、消費者金融や信販会社が主体で展開している学生向けの借り入れプランです。

基本的に貸金業者が提供していますが、現在は日本学生支援機構が畝井する奨学金も学生ローンとされます。

学生ローンの利用には設けられているので、条件のすべて、あるいは一部を満たしていないと、学生ローンを申し込むことができません。

条件1 18歳以上で大学生または専門学校生あること

基本的に、学生がお金を借りるときは18歳以上で、大学生以上、または専門学校生であることが条件です。

ただし例外もあり、20歳以上であれば高校生でも学生ローンを利用することができます。

20歳以上であれば、高校は全日制、通信制、定時制を問わず学生ローンを利用できますが、金融機関や消費者金融、信販会社によっては学生ローンを拒否されることがあります。

条件2 年齢が34歳未満であること

学生ローンは若年層がお金を借りる方法として想定されているローンなので、年齢の上限が設けられていることがほとんどです。

年齢の上限はおおむね34歳未満になっていて、満35歳になると学生ローンは利用できませんが、一般的なローンであれば利用することができます。

在学中を証明できること

学生ローンは学生がお金を借りるためのローンなので、利用には在学中であることを証明する必要があります。

通常は学生証のコピーを使用しますが、在学証明書を求められる場合もあります。

奨学金との違い

奨学金は学業に専念する人のための学生ローンで、貸与型と給付型があります。

貸与型奨学金は卒業後に利息込みで返済するもので、給付型奨学金は返済の必要がありません。

貸与型奨学金は利息がないタイプもありますが、基本的に利息付になることがほとんどです。

利率は低いものの借入金額が高くなりやすいので、就職後に返済が負担になることがあります。

給付型奨学金は条件が厳しいのですが、利用できれば負担はありません。

学生ローンのメリット・デメリット

学生ローンはメリットを得るのなら必ず大きなデメリットも背負うことになります。

金融商品なので、メリットを得るためには最大のデメリット対価として差し出さなければなりません。

メリット1 お金を借りる方法としては手軽

学生ローンはお金を借りる方法としては手軽で、すぐに借り入れができるため困った時に使いやすいものです。

奨学金のような厳密な審査とは違い、通常のローンと比べると審査基準が少し緩めなのでお金を借りる方法としては手軽でかんたんに使えます。

メリット2 短期間なら元金のみで済むことがある

学生ローンを提供している消費者金融などは、初の借り入れで一ヶ月程度であれば無利息にしている所があります。

初回限定ですが、すぐに返済ができるのなら利息負担をなくせるので、短期間で返済の目処があるなら選択しやすいお金の借り方です。

デメリット1 利息が高い

奨学金を含め、学生ローンを提供しているのはその多くが消費者金融や信販会社なので、金利の設定が高めです。

基本的に通常のローンと変わらない金利設定がされていることがほとんどなので、借りすぎると返済が追いつかなるかることがあります。

デメリット2 無収入では借りられない

学生ローンといっても、無収入では借りることができません。

アルバイトなどで一定の収入がなければ審査に落ちることが多いので、何らかの収入源を証明できなければ利用が難しいのが実情です。

学生が無条件でお金を借りる方法というわけではないので、何らかの形で収入が証明できないと、審査で落ちやすくなります。

親バレしない?

悪性ローンは、基本的に親バレすることがありません。

しかし、未成年の場合は親バレを避けることができません。

学生ローン自体は18歳で大学生以上であれば利用できますが、借入先次第では親の同意が必要です。

ごまかして借りようとしても、同意書が必要なので確実に親バレします。

電話での確認などもされるため、親の同意を求められると親バレを避ける方法はありません。

親バレをどうしても避けたい場合は、アルバイトで一定の収入を得ていることで親の同意を回避できる場合もあります。

未成年でも借りられる?

未成年でも条件を満たせば学生ローンの利用ができますが、かなり厳しい条件になるので、現実的にはかなり難しいと言えます。

まず、未成年の場合は親の同意と保証人が必須です。

未成年者は親の同意なしではお金を借りることができないので、必ず親に同意書を書いてもらう必要があります。

また、未成年者の場合は保証人がいないと借り入れの申し込みさえできません。

保証人は基本的にお金を借りたい未成年者の親か、近い親族を求められます。

未成年者単独では学生ローンを利用するのは、まず不可能です。

まとめ

・学生ローンは学生専用のローン
・奨学金も学生ローンの1つ
・審査は甘めだが利息は通常のローンと大差ない
・未成年者でも借りられるが親バレは避けられない
・支払いが滞れば人生が狂う可能性があるので借金であることを忘れない