イオン銀行カードローン審査前に知っておきたいメリット・デメリット

イオン銀行カードローン
  • ズボラな性格を自覚しており、返済日を忘れがち。
  • 無駄な手数料を抑えてカードローンを利用したい。
  • 近所にイオン系列店がある。
借りたいブルー
そんな方にオススメなのがイオン銀行カードローンです。

今回は、イオン銀行カードローンの審査や返済方法など、その特徴についてご紹介していきます!

イオン銀行カードローンの特徴

見習いグリーン
ねーねー!イオン銀行カードローンは他のカードローンと何が違うの?
借りたいブルー
それでは、イオン銀行カードローンがどんな特徴を持っているのか見ていきましょう。

低金利

イオン銀行カードローンの第一の特徴は、何と言っても低金利であること。
年3.8%から年13.8%という金利は、他の金融機関と比べてもけっこう低い金利と言えます。

高い金利が適用されがちな100万円から200万円といった少額融資でも、イオン銀行カードローンは年8.8%という低金利となっており、普段使いで少額からでも手軽に使えるカードローンとしてピッタリです。

限度額も800万円まであるので、逆にまとまったお金が必要な際も頼りになりますね。

専業主婦でも50万円の借り入れが可能

専業主婦でも借り入れができるカードローンというのは、今の時代とくに珍しはありませんが、その中でもイオン銀行カードローンは、借り入れ限度額が高めになっていることが特徴となっています。

他の銀行系カードローンでは、専業主婦の方は30万円程度が限度最高額として設定されることが多いなか、イオン銀行によるカードローンは、2倍近い50万円が限度額となることも。
まさに主婦の味方と言えますね。

24時間365日手数料無料で借入&返済可能

イオン銀行カードローンは、イオン銀行ATMで全国どこからでも借り入れ、または返済が可能です。

  • 「今日が返済日だったのを忘れていた」
  • 「明日まとまったお金が必要」

なんて時にも24時間365日手数料無料ですぐに借り入れ、返済が行えるのは嬉しいサービスですね。

手数料無料で利用可能な提携ATMはイオン銀行ATMの他、メガバンクであるみずほ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMだけでなく、地方銀行ATMも多数利用できるため安心です。

借りたいブルー
100万円以下の少額融資から、まとまった金額の借り入れまで、幅広いユーザーに対応ができるキャッシングサービスのイオン銀行カードローン。専業主婦の方でもまとまったお金を借り入れすることができるなど、使い勝手の良さがバツグンですね。
低金利

低金利でお金を借りる方法!金利が安いオススメ銀行カードローンもご紹介!

2018年10月3日

イオン銀行カードローンの審査基準は甘い?厳しい?

低金利のカードローンは、おおむね高い審査難易度となることが多いのですが、イオン銀行カードローンは審査難易度も低く設定されており、過去に金融事故を起こしたりしていなければ、アルバイトでも審査に通りやすいことで知られています。

しかし残念ながら、アルバイトをして収入があっても、学生の場合は利用できません。

それでも、イオン銀行カードローンは年収200万円未満・かつアルバイトの方の利用者が多いカードローンという情報もあるため、比較的審査基準は低めに設定されていることは間違いないようです。

借りたいブルー
学生以外であれば、アルバイトの方や専業主婦でも審査に通ることが報告されているため、審査基準自体は低いものだと考えられます。審査の厳しいイメージのある低金利の銀行系カードローンが多い中、イオン銀行カードローンは目を引く存在ですね。

イオン銀行カードローンの申込から融資までの流れ

イオン銀行カードローンはweb申込の場合、最短5日程度でローンカードが届きます。

口座開設や書類の郵送が不要になっているため、契約までのやり取りがスムーズに出来るのは嬉しいですね。イオン銀行口座を持っている方は、直接口座に借入金が振り込まれる振込融資も利用できます。

  1. スマホ・PCから24時間いつでも申込み可能。
  2. メール確認後、必要書類を画像データでアップロード提出
    給与支払明細書と免許証のアップロード依頼がメールにて届くため、案内指示に従って画像を送付します。
  3. 審査結果の確認
    審査結果がメールにて連絡されます。審査結果はメールに記載のURLから専用ページで確認可能。
    イオン銀行の普通預金口座を持っている方は、審査終了後に振込による借り入れが可能。
    (振込融資希望の場合は、電話にて本人確認がされます)
  4. カードのお受け取り(審査完了後、最短5日程度)
    佐川急便による「受取人確認サポート」にてカードが届けられます。
    本人確認書類を提示してカードを受け取れます。

以上の手続きで借り入れが可能になります。
※イオン銀行カードローンはイオン系列店の一部に併設されているイオン銀行窓口でも申し込みが可能です。

詳しく説明を聞きながら申込を行いたいという方は、近場のイオン銀行窓口を訪ねてみるのも良いかも知れません。

イオン銀行カードローンの返済方法

約定返済は約定返済日(毎月20日。ただし「土曜日」、「日曜日」、「祝日」、「国民の休日」、「年末年始等」の場合にはこれらの日の翌日)に前月末日の借入残高に応じて返済する必要があります。

約定返済方法は以下の3つから選択できます。

  1. イオン銀行普通預金口座からの引き落とし
    (約定日前日までに約定返済額を返済口座に用意)
  2. ATMからの返済
    (毎月1日~約定日に指定ATMから入金)
  3. 他金融機関の普通預金口座からの引き落とし
    (約定日前日までに約定返済額を返済口座に用意)

約定返済は他のカードローンでも一般的に採用されている、残高スライド式で返済額を定めています。

前月末日の借入残高 約定返済額
~3万円 1,000円
3万円~5万円 2,000円
5万円~10万円 3,000円
10万円~20万円 5,000円
20万円~50万円 10,000円
50万円~100万円 15,000円
100万円~150万円 25,000円
150万円~200万円 30,000円
200万円~300万円 35,000円
300万円~500万円 40,000円
500万円~600万円 50,000円
600万円~700万円 60,000円
700万円~ 70,000円

たとえば、借入残高が200万円なら月々の返済額は3万円、借入残高が50万円なら月々の返済額は1万円となります。

返済が進んでいくうちに返済額も少なくシフトしていきますので、返済が楽になると感じるかも知れませんが、返済額が減れば借入額の減少ペースが下がり、その分だけ利息総額が増えてしまうことも。

そのため、任意返済(繰り上げ返済)をして早く元本を減らすことも重要になります。

イオン銀行カードローンでは、ATMやインターネットバンキングで任意返済も簡単にできるので、余裕があるときは優先して返済にまわすようにしましょう。

借りたいブルー
基本的には残高スライド式の約定返済。ATMやネットバンキングによる任意返済で、元本を減らすということも簡単にできるため、利息を余計に膨らませることなく返済することが出来ますね。

イオン銀行カードローンのメリット・デメリット

それでは最後に、イオン銀行カードローンのメリットとデメリットを分けて見ていきましょう。

メリット
  • 24時間いつでも借入れ可能
  • 口座開設不要で申込みができる
  • 貸付利率は年3.8~13.8%
  • 自動融資で安心のサポート
デメリット
  • 審査期間が長め
  • 学生の方は申込不可
  • 運転免許証を持っていないとweb申込みができない
  • 審査に落ちた場合は審査回答が郵送となるため、余計に時間がかかる
コンビニでお金を借りる方法

【即日24時間】コンビニでお金を借りる方法!

2018年9月15日

まとめ

イオン銀行カードローンは、大手スーパーイオングループのファイナンシャル部門であるイオン銀行が行っているカードローンです。

馴染みのある系列会社ということもあり、特に主婦層の方は何となく安心感があるのではないでしょうか。

消費者金融をはじめとする貸金業者から借り入れを行うのが不安だという方でも、安心して使えるのも人気の理由かも知れませんね。

収入が低めの方でも申し込みが可能で、少額でも低金利で利用できるイオン銀行カードローン。
使い勝手の良さでは他社カードローンの中でも断トツの存在感。

どこから借り入れを行うか迷っている方は、ぜひ検討してみてくださいね。